地方競馬予想

【第23回 TCK女王盃 (JpnⅢ)】2020予想 レース展開と馬券考察

2020 TCK女王盃 [レース予想]

昨年5着のクレイジーアクセルが前走クイーン賞を快勝し、中央馬に混じっても戦えることを証明して参戦している今回。絶妙な手綱捌きを見せる鞍上の吉原寛人騎手だが、このコンビでは4戦3勝と高い勝率を誇るだけに魅力だ。この同馬がレースを引っ張り後続は仕掛けを待って狙いそうで、好位から動けそうなタイプが最も安定して走れそうだ。

TCK女王盃 予想【◎ファッショニスタ】

本命はファッショニスタ。同馬は今回最内枠からスタートすることになるのだが、スタートもよく逃げる馬も居て、且つペースもそう速くはならなそうだ。こうなると好位で立ち回れる上スタミナのロスも少ないことから、6-5-1-0と相性抜群の川田騎手のミスはなさそうだ。満を持した追い出しで、直線は後続に差を付ける可能性も。

TCK女王盃 予想【○アンデスクイーン】

対抗はアンデスクイーン。大井1800mの舞台でファッショニスタを破っている同馬だが、近走は後ろからの競馬で持ち味をあまり活かせていない様子。本来は好位差しが得意でルメール騎手が騎乗するなら、スローになりそうな今回はおそらく前目で立ち回ることだろう。先行馬に人気が集まるため追い出しのタイミングも計れて、最後は一伸びして形成を逆転するレースになるかも。

TCK女王盃 予想【▲クレイジーアクセル】

3番手はクレイジーアクセル。目下の充実ぶりが見事な同馬と吉原騎手であるが、先頭に立って突き放すペースアップが得意な逃げ馬だ。前走も圧巻の走りで中央所属馬に影を踏ませなかったが、大井1800mはタフで逃げ切りを図るのは難しい。それでも充実期に入ったため粘り通せる可能性はあるが、差しが決まりやすい舞台なだけに3番手評価としたい。

TCK女王盃 予想【△メモリーコウ】

最後はメモリーコウ。このところ2連勝して一気にオープンの舞台に立った同馬だが、先行タイプで着実に最後一脚伸ばしてくる姿がある。鞍上の古川騎手はローカルや小回りが得意なタイプで、大井は舞台としては大きいがカーブを捌く点では力が入る。父エスポワールシチーも大成後は安定感があったが、デビューから30kgも増やした同馬は成長のピークにある。勢い一番で歴戦の女傑たちに真っ向勝負を挑む。

2020 TCK女王盃 [馬券考察]

馬券は馬複。ボックスで、計6点で勝負!

TCK女王盃は1月22日、大井競馬第11レース、16時10分発走予定

-地方競馬予想
-, , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.