地方競馬予想

【第65回 クイーン賞 (JpnⅢ) 予想】2019予想 レース展開と馬券考察

2019 クイーン賞 [レース予想]

中央から参戦する3頭が人気を分け合いそうなメンバーだが、迎え撃つ地方勢も実績と軽ハンデで期待できそうな一戦。特に内枠のクレイジーアクセルは吉原騎手の騎乗でもあり、先行力を生かした競馬でどこまでいけるか期待がかかる。中央勢ではこのレースを制したことのあるプリンシアコメータが、昨年の借りを返せるかどうか判断が難しいところだ。

クイーン賞 予想【◎クレイジーアクセル】

本命はクレイジーアクセル。同馬は前走レディスプレリュードで4着と好走して見せたが、中距離が得意でコースの右・左回り問わず安定している。最内枠を引いたからには単騎先頭も可能性ありで、吉原騎手が騎乗するなら抜群の抜け出しも考慮できる。ロージズインメイ産駒は本格化すると古馬でも成長力があり、4歳牝馬の同馬の更なる上昇に期待する。

クイーン賞 予想【○プリンシアコメータ】

対抗はプリンシアコメータ。一昨年の当レースを勝利し昨年も注目された同馬だが、結果は振るわず10着に敗れ全くよいところがなかった。とはいえその後のエンプレス杯でいきなり優勝して立て直すなど、ガス抜きができればその直後から上昇できる強みも持つ。前走ではレディスプレリュードでまさかの10着に敗れているので、この馬の挽回力を考えれば対抗評価は妥当だろう。

クイーン賞 予想【▲トーセンガーネット】

3番手はトーセンガーネット。左回りは3-4-2-1、無類の安定感を誇るが、中央に移籍してからは芝では全く結果を出せなかった同馬。それでも調教施設の違いやスピードの慣れが見込める上に、得意の地方ダート左回りであれば巻き返しは可能だ。馬体が移籍前より増えてこれが程よく絞れるかが鍵だが、元々絞るのが得意な小笠厩舎所属なら一変があっても。

クイーン賞 予想【△オルキスリアン】

最後はオルキスリアン。前走快勝で勢いに乗る6歳牝馬の古豪であるが、キングカメハメハ産駒らしく500kgを超える馬格もある同馬。左回りは得意でこれまで10勝という勝ち星があるが、今回は51kgに加えリードする馬がいる点も良い。レディスプレリュードではプリンシアコメータにも先着しており、一発大穴の期待があれば同馬の激走ではないだろうか。

2019 クイーン賞 [馬券考察]

馬券は馬複。ボックスで◎~△の計6点で勝負!

クイーン賞は12月11日、船橋競馬第11レース、20時05分発走予定

-地方競馬予想
-, , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.