地方競馬予想

【第70回 全日本2歳優駿 (JpnⅠ) 】2019予想 レース展開と馬券考察

2019 全日本2歳優駿 [レース予想]

前日の雨がどの程度影響するか、判断の難しい今年の全日本2歳優駿。昨年優勝のノーヴァレンダはその後はピリッとしなかったが、負かした相手のデルマルーヴルはその後も安定して活躍している。現時点での完成度に安定した脚質があることが、当レースで覇を競うには必要と改めて実感する。ここは中央所属のキメラヴェリテが馬格・実績とも抜けて見えるが・・・。

全日本2歳優駿 予想【◎テイエムサウスダン】

本命はテイエムサウスダン。昨年2着に入線したデルマルーヴルの鞍上だったデムーロ騎手が、今年は雪辱を果たすために騎乗することとなった同馬。サウスヴィグラス産駒で距離適性にはやや疑問も残るが、何よりも同騎手のお手馬が少なくなっている現状を考慮した。アピールする馬が狭まっている現状を何より打破したいところで、ここは一発を狙った騎乗を期待して本命に抜擢だ。

全日本2歳優駿 予想【○キメラヴェリテ】

対抗はキメラヴェリテ。前走で北海道2歳優駿を制して波に乗る同馬だが、前年の同レースの上位馬はあまり振るわなかった昨年。この点やや気がかりではあるが、逃げ脚質にも期待ができる。532kgの馬体重で2歳としては超大型のタイプで、朝日杯を制したサリオスにも匹敵する馬格を誇る。筋肉質なキズナ産駒だけにダートでも大成の予感が。

全日本2歳優駿 予想【▲ゴールドビルダー】

3番手はゴールドビルダー。大外枠スタートが鍵だが、森泰斗騎手を擁して勝負気配の高い同馬が3番手だ。軽快なスピードとマイル向きの瞬発力を兼備したタイプで、いかにもパイロ産駒らしいスピードで前走重賞を勝利した同馬。母父フジキセキに似た黒い馬体もまたマイル適性をうかがわせるが、好位に付けられるレースセンスもあるので折り合いにいも心配ない。総合力の高い地方代表として活躍が期待できる。

全日本2歳優駿 予想【△ブリッグオドーン】

最後はブリッグオドーン。前走・ハイセイコー記念では1番人気で4着になった同馬。負けはしたが久々の実戦を考えれば悪くはない結果で、ノーザンファーム生産馬の当たり年だけに軽視は禁物だ。父カジノドライヴはダートのマイルで軽快なスピードを見せたタイプで、母ブリガドーンも切れ味ある能力の高い競馬を見せていた。良血で叩き2戦目のエリートの変わり身に一票投じる。

2019 全日本2歳優駿 [馬券考察]

馬券は馬複。◎~△ボックスで、計6点で勝負!

全日本2歳優駿は12月18日、川崎競馬第11レース、20時10分発走予定

-地方競馬予想
-, , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.