地方競馬予想

【第46回 北海道2歳優駿 ( JpnⅢ)】2019予想 レース展開と馬券考察

2019 北海道2歳優駿 [レース予想]

絶対的な存在のいない今年の北海道2歳優駿だが、中央からも4頭が参戦し楽しみの多いメンバー構成。中でも白毛馬の一族の血を引きながら、黒鹿毛で生まれたピオノノには注目が集まるところだ。まだ未勝利を勝ったばかりだが舞台はメッカ・東京マイルで、重馬場での勝利とあれば天候の微妙な当日でも狙いたいところ。地元北海道勢に混じって戴冠するシーンも有り得るが・・・。

北海道2歳優駿 予想【◎ヨハネスボーイ】

本命はヨハネスボーイ。同馬は中央の札幌2歳ステークスでの5着が光るが、好メンバーを相手にしながら良質な馬体が目を引いた。地元の一戦に戻った前回こそ3着と敗れはしたが、きちんと3着には入線して馬券圏内は確保している。芝でも通用するスピードに加えまくれる機動力もあるため、ある程度前が流れそうなここでは最後の直線で伸びてきそう。地元北海道勢の強さをここで見せることができそうだ。

北海道2歳優駿 予想【○タイセイサクセサー】

対抗はタイセイサクセサー。同馬は前走優勝しており、目下の勢いも目を引くところだが、全7戦して全て3着以内と安定感光る素材だ。父・母ともに同馬主の所有馬で思い入れも一段な上に、相棒を務める服部騎手もデビュー以来手綱を取り続ける。先述のとおり今回は前が流れる一戦になりそうで、中団から脚を伸ばせる脚質と安定感から上位に来そうだ。

北海道2歳優駿 予想【▲ピオノノ】

3番手はピオノノ。ノーザンファームの生産馬で祖母にはシラユキヒメの居る血統だが、この血脈で金子氏所有馬はダート戦に強い傾向がある。筋肉の硬いパワータイプで瞬発力より持続力に富むが、前走で前目の競馬を経験できたことは収穫と言えよう。その前走の東京ダートマイルはダート馬宿願の舞台であり、日本ダート界の覇を競う為に存在するコースである。ここを力でねじ伏せてきたからには、ここでも無様な競馬はできない。

北海道2歳優駿 予想【△キメラヴェリテ】

最後はキメラヴェリテ。新種牡馬キズナ産駒の大型馬で既に520kgの巨漢馬だが、砂の重戦車としてこれからの活躍が予感される同馬。父譲りの馬格に加え先行で粘り切る根性も備えており、前走では2勝クラスで3着と好走をファンに披露した。中竹厩舎はスピード重視の仕上げを行ってくる厩舎で、軽快に逃げられれば最後は粘り通す可能性も。

2019 北海道2歳優駿 [馬券考察]

馬券は馬連。ボックスで◎~△の計6点で勝負!

北海道2歳優駿は10月31日、門別競馬第11レース、19時55分発走予定

-地方競馬予想
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.