地方競馬予想

【 第19回 JBCクラシック (JpnⅠ) 】2019予想 レース展開と馬券考察

2019 JBCクラシック [レース予想]

昨年の東京大賞典と今年の帝王賞を制して、今回の大将格と言えるのが中央のオメガパフュームだが、同馬は左回りでは3戦して未だ勝ち星はなしの成績。コース形態を考えると絶対的とは言えないところで、更にきついコーナーリングで内枠というところにも疑問だ。伸びしろのある4歳馬だが鞍上のデムーロ騎手もスランプ気味で、実力に疑いの余地はないがいざ本命を決めるとなると・・・。

JBCクラシック 予想【◎チュウワウィザード】

本命はチュウワウィザード。同馬はこれまで左回りでは2-1-1-0という成績で、ダイオライト記念ではGⅠ馬アポロケンタッキーを4馬身離した。その前にも東海ステークスでインティ相手に好走しており、小回りと左回りという浦和の舞台でより輝きそうだ。差しても先行しても従順な操縦性の高いタイプだけに、ペースが読めない今回のような一戦でも頼もしい。ここはタイトル奪取の好機と見て本命に指名する。

購入馬券で迷ったら…
こちらのサイトでは毎週末、重賞の予想を提供してくれます。

JBCクラシック 予想【○アンデスクイーン】

対抗はアンデスクイーン。同馬は紅一点、強豪牡馬に混じって参戦を果たしたが、同日開催のレディスクラシックの距離を嫌ってのことだろう。それでも勝算があるとしたから出走まで漕ぎつけたわけだが、ここ2戦僅差とはいえきっちり勝ち切っている点は強みだ。左回りはあまり強調できる材料ではないが牝馬だけに、好調期の今を警戒して対抗に推しておきたい。

JBCクラシック 予想【▲オメガパフューム】

3番手はオメガパフューム。本来3番手というのは「単穴」評価が妥当なところだが、これ以上印は下げられないという意味での同馬の指名だ。先述の通り大井2000mでは実績が一枚上も、浦和の2000mでインの3番枠を懸念するところだ。毎回仕上がりの良さは素晴らしく走れば常に勝ち負けしており、その底力でどこまで懸念材料を払拭できるかが課題だ。

JBCクラシック 予想【△ロードゴラッソ】

最後はロードゴラッソ。まだまだ走りに安定感より爆発力期待の同馬であるが、前走では6番人気ながら強敵相手に見事優勝した。シャープないかにもダートが得意な引き締まった馬体の持ち主で、4角先頭を狙う競馬がいかにも当舞台に合いそうだ。まだ実績では重賞勝ちが一度という4歳牡馬であるが、あたりの柔らかい藤岡騎手の手に導かれて逆転を狙う。

2019 JBCクラシック [馬券考察]

馬券は馬複。ボックスで◎~△の計6点で勝負!

JBCクラシックは11月4日、浦和競馬第10レース、15時30分発走予定

-地方競馬予想
-, , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.