地方競馬予想

【第22回 エーデルワイス賞 (JpnⅢ) 】2019予想 レース展開と馬券考察

2019 エーデルワイス賞 [レース予想]

10℃を切る気温を計測することも珍しくない北海道で、2歳馬たちが熱い火花を散らすダートグレード・エーデルワイス賞。このレースを予想する上で基準となるのが1分12秒台の、持ち時計があるかどうかだが中央から参戦の各馬には散見される。門別の1200mは4コーナーでまくる機動力と、差し脚を持ったタイプが強いのも特徴のコースと言える。

エーデルワイス賞 予想【◎ニシノミンクス】

本命はニシノミンクス。1分12秒台の持ち時計がある馬の中でも同馬は番手で運んで、競馬ができる器用さと差し脚を兼ね備えている一頭だ。内田騎手がデビューから騎乗しておりイメージは出来ているだろうし、父カジノドライヴはスピードとスタミナ共に秀でたタイプだった。超短距離向きというよりは活躍に幅が期待できるところで、広い門別のコース形態も背中を押すと感じられるところだ。

エーデルワイス賞 予想【○デビルスダンサー】

対抗はデビルスダンサー。先週東京盃でついに重賞制覇を遂げた藤田菜七子騎手を背に、未勝利戦から挑戦するのが対抗評価を付けた同馬だ。前2走は共に軽ハンデ51kgでの競馬となったが、走りはしっかりしており3kg増もそんなに影響はないと見ている。父ゴールドアリュールはダートで次々に大物を輩出しており、先々を見据えても今回は楽しみな一戦だ。

エーデルワイス賞 予想【▲プリモジョーカー】

3番手はプリモジョーカー。地元北海道の名門・角川厩舎所属の同馬であるが、グランド牧場のオーナーブリーディングホースで注目の存在だ。この時期の北海道シリーズはやはりグランド牧場が主役だが、前走も1分12秒台計時で後続を突き放した。母父にスマートボーイの血を持つスタミナ兼備のスプリンターで、芝で負けた2戦を無視するなら地元で最上位の存在だ。

エーデルワイス賞 予想【△ウィーンソナタ】

最後はウィーンソナタ。同じ中央競馬から参戦するキラットダイヤとも迷うところだが、前走で1200mを快勝した同馬を上位評価した。良の中山で1分13秒1で新馬戦を突破し、キャリアを考えるならこの内容は一枚上のものと見たい。急坂を利するタフネスと逃げて行く軽快なスピードで飛ばして、後続に脚を使わせられれば優勝に手が届く可能性も。

2019 エーデルワイス賞 [馬券考察]

馬券は馬複。ボックスで、◎~△の計6点で勝負!

エーデルワイス賞は10月10日、門別競馬第11レース、20時00分発走予定

-地方競馬予想
-, , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.