地方競馬予想

【第16回 レディスプレリュード (JpnⅡ)】2019予想 レース展開と馬券考察

2019 レディスプレリュード [レース予想]

タフで総合力が問われる大井1800mを舞台に、今年も牝馬の強豪が揃い賑わいを見せている当レース。1月のTCK女王盃以来となるラビットランも参戦し、中央勢の層が厚く5頭中4頭は重賞勝ち馬だ。明確な逃げ馬としてはクレイジーアクセルの姿もあるだけに、先行馬の多いこのレースは淀みない流れになると見る。末脚爆発の期待高まる差し馬台頭の予感だ。

レディスプレリュード 予想【◎ラビットラン】

本命はラビットラン。角居厩舎所属の末脚が切れる牝馬の代表格だが、ダートに転戦してからは好位から差す競馬を覚えた同馬。やはりパワーの要る小回りダート戦は前に行った方が有利ではあるが、芝の重賞を差し切った末脚はやはり一枚上の存在と見る。中枠で押しても下げても競馬自体はしやすい枠な上に、デムーロ騎手も騎乗する点はやはり強調材料と見て良いだろう。馬券圏外が一度もないこのコンビなら本命に相応しい。

レディスプレリュード 予想【○プリンシアコメータ】

対抗はプリンシアコメータ。ダートでは実績最右翼とも目される同馬は最内枠だが、先行脚質ということもあり簡単に位置は下げられないところ。今回はペースが速くなりそうでこの点を憂慮して2番手とした。岩田騎手とは7回走って6連対と相性抜群で、インを突くことが特に上手な同騎手とは手が合うと見られる。連覇達成も視野。

レディスプレリュード 予想【▲アンデスクイーン】

3番手はアンデスクイーン。同馬はスタミナに秀でており2000mでも勝ち鞍があるが、このタフな大井1800mではこの点が大いに生きてきそうだ。戸崎騎手騎乗と言う点も元大井のスター騎手の騎乗で、申し分ない采配な上に前走勝ちの勢いも見逃せない。前走では前出プリンシアコメータを破って重賞制覇も成し遂げており、骨っぽい相手ばかりに使われてきた真価を発揮しそうだ。

レディスプレリュード 予想【△ファッショニスタ】

最後はファッショニスタ。ファインニードル、タワーオブロンドンとスプリンターズステークスを連覇し、波に乗るダーレー軍団から送り出されるダートの強豪牝馬。そんな同馬は距離的には1400mを中心に使われているが、昨年京都のレディスクラシックで3着があるように中距離も得意。今回は鞍上が大野騎手で乗り替わりを割引きと捉えたが、大野騎手自身はダートの大舞台で何度も結果を出してきた騎手。実力は発揮できるはずだ。

2019 レディスプレリュード [馬券考察]

馬券は2種類。
3連複&馬複◎流しで〇▲△の計6点で勝負!

レディスプレリュードは10月3日、大井競馬第11レース、20時10分発走予定

-地方競馬予想
-, , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.