予想

【天皇賞・春】2019予想 レース展開/馬券考察。買い目も公表中

天皇賞・春2019[レース予想]

ハナ切りたいロードヴァンドールが大外枠なら、メイショウテッコンが楽なマイペースに持ち込めそうだ。これらを見る形でヴォージュ、クリンチャーが先行し、パフォーマプロミスが好位。中団にエタリオウ、カフジプリンス、グローリーヴェイズ、フィエールマンら人気各馬。その後ろからユーキャンスマイル、リッジマン、チェスナットコートあたり。前残りには十分注意したい。

天皇賞・春2019 予想【本命◎ チェスナットコート】

天皇賞・春の傾向としてはっきりしていることは、ロスなく運べる内枠に要注意ということ。今年はこの馬が絶好枠を引き当てたが、辿れば昨年の5着馬。復帰戦の日経賞は、メイショウテッコンが逃げ込む展開。叩き台と割り切れる一戦でOK。目一杯に攻めた中間の調教を見ても、ここは勝負気配が漂う。

天皇賞・春2019 予想【対抗○ エタリオウ】

こちらも絶好枠。「最強の1勝馬」だが、父ステイゴールドも重賞で2着8回の後、目黒記念を制覇。そしてキッカケと掴むと一気にスターダムへのし上がった。こちらも父同様、そのタイプ。ここで大輪の花を咲かせる。

天皇賞・春2019 予想【単穴▲ メイショウテッコン】

気性的な難しさがあるだけに、本番での乗り替わりは決してプラスではないが、ここは枠番・展開ともドンピシャ。菊花賞は自分の形に持ち込めなかっただけ。トビが大きく、距離延長はむしろ好材料とも取れる。アッサリ逃げ込むシーンもありそう。

天皇賞・春2019 予想【特注☆ クリンチャー】

昨年の3着馬(1.2着馬は不在)に対して、特注というのもどうかだが、おそらく人気的には急落。海外遠征帰りの2戦を見ても、レース振りに覇気が見られないことも確かだ。しかし今回は坂路で52.5-38.8-25.3-12.6の自己べストをマーク。叩き良化型ということもあるが、ちょっと雰囲気が変わってきた。これなら。

天皇賞・春2019 [馬券考察]

  • 本命◎:1チェスナットコート
  • 対抗○:2エタリオウ
  • 単穴▲:5メイショウテッコン
  • 特注☆:12クリンチャー

波乱指数【50】

GI馬が1頭だけ。平成最後を締め括るのは少し寂しい印象も、そのぶん馬券的妙味は十分。波乱もありそう。

馬券考察

馬券は馬連で、馬番1.2.5.12の4頭BOX。計6点で勝負!

-予想
-, , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.