予想

【紫苑ステークス】2019予想 レース展開/馬券考察。買い目も公表中

紫苑ステークス2019[レース予想]

逃げにこだわるタイプは見当たらず、レオンドーロ、メイクハッピー、トーセンガーネットあたりが先行か。エアジーン、カレンブーケドール、クールウォーター、フェアリーポルカ、パッシングスルーが好位一団。グラディーヴァ、フィリアプーラ、レッドベルディエス、ローズテソーロが中団~後方で脚を溜める形。開幕週とはいえ、差しも利く馬場。

紫苑ステークス2019 予想【本命◎ アップライトスピン】

詰めて使えない体質面の弱さを抱えながらも、ここまで3戦2勝。打てば響く瞬発力は、いかにも走るディープ産駒のソレ。東京コースでしか走ったことはないが、スッと好位に取りつけるようにセンス十分。小回りの中山だからと言って、マイナスになることもないだろう。素質馬がヴェールを脱ぐ。

紫苑ステークス2019 予想【対抗○ カレンブーケドール】

オークスでは12番人気2着と驚かせたが、正攻法の競馬で堂々の内容。時計も文句なく、今年の3歳牝馬の中でトップランクの能力を示したといえよう。東京コースの印象が強いが、未勝利勝ちは中山1600m。小足が使えるタイプでコース変わりは問題なく、ここは負けられない顔ぶれ。勝って秋華賞へ。

紫苑ステークス2019 予想【単穴▲ エアジーン】

17年ディアドラ、18年ノームコアと目下連勝中のハービンジャー産駒。今年も3頭が出走するが、人気的にもこの馬が面白いところ。前走のフローラステークスは、前半1000m通過60秒6の超スローで外を回らされる形。むしろ0秒6差ならよく詰めた方だろう。今度は小回りでペースも流れる。中山2勝の巧者。

紫苑ステークス2019 予想【特注☆ トーセンガーネット】

転入緒戦が重賞でしかも初芝。さすがに家賃が高い印象もあるが、3走前の桜花賞(浦和)でマークした1分40秒4は、レース史上2番目の時計で良馬場で行われた中では最速。父アグネスデジタル、母父クロフネは、芝・ダートのGIを制したワンダーホース。ミラクルがあっても驚けない。

紫苑ステークス2019 [馬券考察]

  • 本命◎:13アップライトスピン
  • 対抗○:14カレンブーケドール
  • 単穴▲:1エアジーン
  • 特注☆:7トーセンガーネット

波乱指数【60】

オークス2着馬がいるものの、全体的には小粒。堅くは収まらない。

馬券考察

馬券は馬連で、馬番1.7.13.14の4頭BOX。計6点で勝負!

-予想
-, , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.