地方競馬予想

【第24回 クラスターカップ (JpnⅢ) 】2019予想 レース展開と馬券考察

2019 クラスターカップ [レース予想]

真夏のダートスプリント重賞・盛岡クラスターカップだが、一昨年の優勝馬ブルドッグボスは前走勝利で好調維持。とはいえ今年は中央所属馬の層が厚く地方馬は押され気味で、乾いたパワーの要るダートとはいえスピード決着が濃厚に感じる。短距離戦らしく序盤から前に出していくタイプが多いが、その点もまた中央の大将格のあの馬に分がありそうで・・・。

クラスターカップ 予想【◎コパノキッキング】

本命はコパノキッキング。藤田菜七子騎手がGⅠで騎乗し、注目を集めた同馬だったが、今のところ2戦は同騎手での勝利は果たせていない現状。とはいえほぼ人気通りに走りコンビとしての安定感はあり、今回のメンバー構成と枠順から本命は揺るがない。地方を舞台に賞金を稼ぎ出すオーナーも好相性の競馬場で、このコンビが初重賞制覇を成し遂げるのも時間の問題だ。

クラスターカップ 予想【○ヤマニンアンプリメ】

対抗はヤマニンアンプリメ。同馬は前走・北海道スプリントカップでダートグレードレースを制覇したが、夏場に強い牝馬で今が旬と買いの要素は十分だ。テンに出していく馬が多いことから序盤はやや控えていくだろうが、我慢がしづらい内枠馬よりも外枠を取れたことも吉と出そう。これだけ安定した実績がありながらハンデも53kgで、岩田騎手の手腕があればどこからでも勝負になるだろう。

クラスターカップ 予想【▲ノボバカラ】

3番手はノボバカラ。同馬の特徴はスタートの良さから序盤を支配する先行力だが、今回は5番枠と丁度良い枠も後押ししそうな気配だ。鞍上の松山騎手と組んだ2走前はきっちり優勝しており、スピード勝負になること自体は先行馬でも望むところ。単調なスピードが流れそうな序盤にはかえって生きてくるだろう。左回りも4勝しており優勝争いも視野に入る。

クラスターカップ 予想【△ヒロシゲゴールド】

最後はヒロシゲゴールド。前走の天王山ステークスでは1番人気を裏切った同馬だが、鞍上の変更に加え遠征の後の競馬でもあった敗戦。今回は武豊騎手を迎えて仕切り直しの一戦となる。左回りは底を見せておらず地方も向きそうな血統で、4歳馬という若さからも今後のスプリント路線に期待がかかる馬だ。軽快に逃げを打てれば最後まで粘りきる可能性も。

2019 クラスターカップ [馬券考察]

馬券は馬複。ボックスで◎~△の計6点で勝負!

クラスターカップは8月12日、盛岡競馬第10レース、16時50分発走予定

-地方競馬予想
-, , , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.