地方競馬予想

【第30回 テレ玉杯オーバルスプリント (JpnⅢ) 】2019予想 レース展開と馬券考察

2019 テレ玉杯オーバルスプリント [レース予想]

昨年中央勢を退けて優勝を果たしたノブワイルドが、今年も前哨戦快勝で勢いをつけて参戦する今回。名門・小久保智厩舎所属のこの地元の雄に注目が集まる中、中央勢も昨年よりパワーアップしたメンバーで挑戦してきた。58kgを背負って戦う実績馬サクセスエナジーをはじめ、前走快勝のヤマニンアンプリメや3歳馬ワイドファラオも名を連ねている。群雄割拠の様相を呈するこのテレ玉杯オーバルスプリント。JBCへ弾みをつける走りを見せつけるのは果たして誰か―。

テレ玉杯オーバルスプリント 予想【◎ヤマニンアンプリメ】

本命はヤマニンアンプリメ。今回の一戦でまず目につくのは逃げたい馬が多いところだが、昨年の覇者ノブワイルドをはじめ先行争いが激化してきそうだ。このオーバルスプリントが行われる浦和1400mの舞台は、スタートからの直線も長く差し馬の同馬には位置が取りやすい。ハンデも53kgと軽く調子も維持できているとなれば、小回りダートを得意とする岩田騎手の腕が黙ってはいないだろう。

テレ玉杯オーバルスプリント 予想【○サクセスエナジー】

対抗はサクセスエナジー。同馬は番手に控えても競馬ができるセンスが光る馬だが、前走では稍重馬場で伸びあぐね9着と敗戦を喫している。不良馬場で勝利経験があるほど重馬場は苦にしないタイプだけに、敗戦はこの馬場状態よりも別のところにあると見るのが妥当だろう。そこで原因を探せば減った馬体が戻っていなかったことが挙げられ、間隔を伸ばして出走する今回は巻き返し態勢が整ったと見たい。

テレ玉杯オーバルスプリント 予想【▲ワイドファラオ】

3番手はワイドファラオ。同馬は中央から出走するメンバーでも逃げたいタイプの馬だが、3歳馬でまだ未知数な面があり番手競馬も芝で勝利経験がある。父ヘニーヒューズの産駒にはやや器用さにかける大型馬が多いが、同馬は柔軟性に優れておりこの面は懸念せずとも良いだろう。距離適性的にも1400~1600mが良いと思われ、コーナーの多さに戸惑わなければ上位入着は十分可能と見る。

テレ玉杯オーバルスプリント 予想【△ノブワイルド】

最後はノブワイルド。同馬は昨年中央馬を破って先頭でゴールを駆け抜けたが、今年も前哨戦を快勝しておりそのスピードにかげりは見られない。負かした相手が強豪ダート馬キタサンミカヅキという点も挙げられ、55kgで出走できることもこの古豪の追い風となるだろう。内枠2番で思い切りよく先手を主張すると思われ、地の利を活かしてどこまでやれるか大いに楽しみな存在だ。

2019 テレ玉杯オーバルスプリント [馬券考察]

馬券は馬複&3連複。共に流しで、◎→〇▲△の計6点で勝負!

テレ玉杯オーバルスプリントは9月12日、浦和競馬第11レース、16時35分発走予定

-地方競馬予想
-, , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.