予想オッズ

【ラジオNIKKEI賞】2019 予想オッズ/出走予定馬短評

 

ラジオNIKKEI賞2019 [出走予定馬短評]

ダービーに間に合わなかった素質馬たちが集結し、秋の大舞台へ向けて激戦が繰り広げられるハンデ重賞・ラジオNIKKEI賞。昨年の2着馬フィエールマンはここをステップに菊花賞を制するなど大活躍しており、それに続く存在が現れるか例年以上に注目度は高い。今年の登録メンバーを見渡すと傑出した馬はおらず、オッズは直前まで拮抗しそうな雰囲気がある。

ラジオNIKKEI賞2019 予想オッズ/ヒシイグアス(3.8倍)

前走・スプリングS(G2)では、-16kgの馬体減が影響したのか直線でいつもの粘りが見られず5着。それでも勝ち馬から0.2秒差に留まったのは地力が高い証拠。クラシックを使わず馬体回復を優先させ、このレースに目標を定めてきたのも好印象。福島小回りは先行力のあるこの馬にとってうってつけの舞台であり、重賞制覇の好機到来。オッズは、3倍から5倍台が予想される。

ラジオNIKKEI賞2019 予想オッズ/ランスオブプラーナ(4.7倍)

毎日杯(G3)で初重賞制覇をし、その勢いで臨んだ皐月賞(G1)では4角手前で早々に手ごたえをなくし18着大敗。それまで安定感抜群だったこの馬にとっては負けすぎの内容で、これが実力でないのは明らか。芝1800mは重賞2走を含み【2.0.1.0】と抜群の適性を誇っている得意距離。メンバー唯一の重賞馬でトップハンデも予想されるが、巻き返しに期待したい。オッズは、4倍から6倍台が予想される。

ラジオNIKKEI賞2019 予想オッズ/ブレイキングドーン(7.0倍)

3歳春は弥生賞(G2)3着と上々のスタートだったが、その後は皐月賞(G1)11着・京都新聞杯(G2)6着と勝ち負けには絡めない内容。重賞ではあとひと押しが足りない状態だが、強敵相手に戦ってきた経験は大きく、このメンバーなら実績上位の存在。今回は7戦目にして初めて鞍上が変わることもあり、田辺騎手がこの馬の新たな面を引き出してくれる可能性大。オッズは、5倍から8倍台が予想される。

ラジオNIKKEI賞2019 [狙い目となる穴馬は?]

狙い目はサヴォワールエメ。新馬戦快勝後、2戦目の阪神JF(G1)で8着に健闘するほどの素質馬。2走前から逃げ馬として新境地を開いており、前走・白百合S(L)も見せ場たっぷりの逃走劇で0.3秒差5着と着順以上に評価できる内容。牝馬ゆえ軽斤量のハンデが予想される今回、すんなり先手がとれれば福島小回りを活かした上位進出も期待できる。

 

-予想オッズ
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.