予想オッズ

【中山牝馬ステークス】2020 予想オッズ/出走予定馬短評

中山牝馬ステークス2020 [出走予定馬短評]

古馬牝馬の春の中距離戦線において重要な1戦となる中山牝馬ステークス。今年は4歳世代からの実力馬が複数登録しており、例年以上に層は厚い。なかでも、クラシック戦線で人気を集めたコントラチェックには、今年の飛躍も期待され多くの支持が集まる。この馬の1番人気が濃厚で、以下重賞好走馬たちが順当に上位オッズを形成してくるはず。

中山牝馬ステークス2020 予想オッズ/コントラチェック(2.1倍)

前走・ターコイズS(G3)は、好スタートから先頭に立つと直線でも脚色衰えず着差以上の完勝劇。過去にはフラワーC(G3)制覇など、すんなり逃げれたレースでは4戦4勝。マイペースで先手が取れればG1級のポテンシャルを改めて証明した。中山コースは【3.1.0.0】で相性抜群の舞台。同脚質馬との兼ね合いがポイントになるが、今回も圧巻の逃走劇に期待したい。オッズは、2倍台が予想される。

中山牝馬ステークス2020 予想オッズ/エスポワール(4.7倍)

前走・ターコイズS(G3)では、中団待機から4角先頭に並びかける正攻法のレースで2着好走。勝ち馬こそ捕え損ねたが、同じ位置から動いたシゲルピンクダイヤとの末脚比べを制して2馬身先着した価値ある内容。もともと堅実だった馬が近走では脚質の自在性を身につけ、更に安定感が増してきた。展開次第で前走先着を許したコントラチェックを逆転する場面も十分にある。オッズは、3倍から5倍台が予想される。

中山牝馬ステークス2020 予想オッズ/ウラヌスチャーム(9.8倍)

昨年のこのレース2着馬が今年も参戦。近走は勝ち負けに絡めない大きな着順が並んでいるが、G1挑戦や牡馬相手のG2など言い訳のきく敗戦。牝馬限定重賞に限れば、昨年3戦して4着が最低着順と実力上位の存在。好走率の高い芝1800mに距離短縮するのも大きなプラス材料で、相手関係が楽になった今回は久々にこの馬らしい走りを見せてくれるはず。オッズは、7倍から9倍台が予想される。

中山牝馬ステークス2020 [狙い目となる穴馬は?]

中山牝馬ステークス2020/レッドアネモス

前走・秋華賞(G1)では、3角手前から早々に手ごたえをなくし17着大敗。ただこのレースはラスト1冠に参戦すべく、休み明け+18kgの調整不足のまま出走しており度外視してもよい内容。もともとは3歳5月の白百合S(L)で、後に日経新春杯(G2)を制したモズベッロに完勝したほどの素質馬。ここ2戦は渋った馬場で不完全燃焼だが、良馬場なら一変の余地がある。

中山牝馬ステークス2020/ウインシャトレーヌ

前走・愛知杯(G3)では、最低人気の低評価ながら直線ではしっかり脚を伸ばし6着善戦。2戦続けて重賞で見どころのある走りをしており、明らかに上昇ムードあり。繁殖シーズンを控え、今回がラストランの1戦。1週前追切でも坂路で目一杯に追われ格上牡馬相手に先着する抜群の動きを披露。有終の美を飾るべく陣営も渾身の仕上げで臨んでくるはず。

-予想オッズ
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.