予想オッズ

【目黒記念】2019予想 予想オッズ/出走予定馬短評

 

目黒記念2019 [出走予定馬短評]

日本ダービー後の盛り上がりを引き継ぐハンデ重賞としてすっかり定着している目黒記念。3年前マリアライトはこのレース2着をステップに宝塚記念を制しており、今後の中長距離G1を占ううえでも見逃せないレース。今年の注目は、昨年グランプリホース・ブラストワンピースの参戦で1番人気濃厚。以下、ハンデ戦らしく混戦オッズになってきそうな雰囲気がある。

目黒記念2019 予想オッズ/ブラストワンピース(1.8倍)

今年初戦となった前走・大阪杯(G1)は、1番人気に支持されるもスムーズさを欠くレース運びで6着どまり。グランプリホースとしてはやや物足りない内容だったが、直線ではしっかり脚を伸ばしており悲観する内容ではない。トップハンデになりそうだが、馬格のある馬なので過剰な心配は無用。凱旋門賞に登録されるほど関係者に期待されている馬だけに、G2では負けられない。オッズは、1倍台が予想される。

目黒記念2019 予想オッズ/ルックトゥワイス(7.0倍)

昨年末の条件戦圧勝でOP入りを果たすと、そこから重賞3連戦でいずれも健闘。特に3走前・日経新春杯(G2)では、天皇賞春(G1)2着となったグローリーヴェイズと接戦を演じており重賞制覇を狙える地力をつけている。血統的にも晩成型で、まだ成長の余地は十分。今回は勢いのあるレーン騎手を確保して鞍上強化を図っており、再度上位争いに絡んでくる可能性は高い。オッズは、5倍から8倍台が予想される。

目黒記念2019 予想オッズ/アイスバブル(9.2倍)

前走・早春S(1600万下)は、好位先行策から直線で断然人気馬の追撃をきっちり凌ぐ完勝劇。昨夏から順調に成長して地力強化されており、中長距離馬としての才能が開花し始めている印象。初重賞挑戦となるが、条件戦を卒業したばかりのためハンデも軽くなるのは魅力十分。今回の結果次第ではこの路線の秋の重賞戦線を賑わす存在になるかもしれない。オッズは、7倍から10倍台が予想される。

目黒記念2019 [狙い目となる穴馬は?]

狙い目はムイトオブリガード。近3走は上位争いに加われないレース内容だが、大阪杯(G1)や金鯱賞(G2)など相手関係が一線級のため言い訳のできる敗戦。東京芝2500mはアルゼンチン共和国杯(G2)2着と舞台適性は証明済みで、今回は相手関係もだいぶ楽になった印象。近走成績のおかげで少しでも人気が落ちるようなら、積極的に狙ってみたい存在。

-予想オッズ
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.