予想オッズ

【京都牝馬ステークス】2020 予想オッズ/出走予定馬短評

京都牝馬ステークス2020 [出走予定馬短評]

芝1400mにリニューアルされて5年目を迎えた京都牝馬ステークス。ヴィクトリアマイルへ向けた勢力と高松宮記念を狙う短距離馬が中間距離に集まることになり、粒ぞろいの実力馬が揃うことの多い1戦。今年も牝馬クラシック3冠レースを盛り上げたシゲルピンクダイヤやビーチサンバなど魅力的なメンバー構成。春のG1戦線に向けて見逃せないレースとなっている。

京都牝馬ステークス2020 予想オッズ/シゲルピンクダイヤ(2.8倍)

前走・ターコイズS(G3)は、4角先頭に並びかける積極的なレースをするも逃げ馬を捕えきれず3着。前有利の展開面を考慮すれば負けて強しの印象で、評価を落とす内容ではない。昨年は桜花賞(G1)2着&秋華賞(G1)3着などG1タイトルにあと1歩まで迫っており、牝馬限定のG3なら負けられない立場。複勝率100%を誇る得意の京都コースなら凡走は考えにくい。オッズは、2倍から3倍台が予想される。

京都牝馬ステークス2020 予想オッズ/サウンドキアラ(3.9倍)

前走・京都金杯(G3)では、好位先行策から直線メンバー最速級の脚でまとめる隙のない走りで完勝。昨年秋に休養から復帰後は、脚質自在の競馬で牡馬相手に好成績を残し続けており競走馬として完成期に入った印象。京都コースは【5.1.0.1】で唯一の馬券外も4着と抜群の相性の良さを誇る得意舞台。現状の勢いなら重賞連勝の可能性も高い。オッズは、3倍から6倍台が予想される。

京都牝馬ステークス2020 予想オッズ/ビーチサンバ(6.2倍)

昨年は3歳牝馬クラシック王道ローテを完走し、前走・秋華賞(G1)も逃げて5着と見せ場のある内容。当初は末脚を活かす走りだったが、近走は先行力を活かすレース運びもできるようになり自在性と安定感が増してきた。今回は初1400mとなるが、マイルでは凡走がないだけにこのくらいの距離がベストの可能性は高い。1勝馬で勝ちきれない面はあるものの、相手候補としては外せない1頭。オッズは、5倍から7倍台が予想される。

京都牝馬ステークス2020 [狙い目となる穴馬は?]

京都牝馬ステークス2020/ノーワン

昨年後半はスプリンターズS(G1)から始動し、その後もトップクラスの短距離馬が集うレースに出走。目立つ結果こそ残せなかったが、前走・阪神C(G2)では上がり最速級の末脚で5着と善戦。強敵相手に戦ってきた経験は必ず活きてくるはずで、相手関係が大幅に楽になったうえにベストの芝1400mで走れる今回は絶好の買いどきとみる。

京都牝馬ステークス2020/モアナ

前走・ターコイズS(G3)では、休み明けで明らかに太目残りだったこともあり、勝負所から早々に手ごたえをなくし15着大敗。ただ本来は安定感のあるタイプだけに、この1戦は度外視しても良い内容。久々を一度使われたことで、確実に調子は上向き。追えるタイプの外国人ジョッキーとの相性も良く、人気急落の今回は穴馬候補として魅力十分。

-予想オッズ
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.