予想オッズ

【ダイヤモンドステークス】2020 予想オッズ/出走予定馬短評

ダイヤモンドステークス2020 [出走予定馬短評]

芝長距離ハンデ重賞という希少な条件下で行われる真冬の名物レース・ダイヤモンドステーク。波乱含みのイメージもあるレースだが、直近7年では1番人気が6勝しており実力馬が順当に勝利を収めている。今年の1番人気有力候補は、昨年クラシック3冠を完走した4歳馬タガノディアマンテ。この馬を中心した上位拮抗のオッズ形成になってくる。

ダイヤモンドステークス2020 予想オッズ/タガノディアマンテ(2.4倍)

前走・万葉S(OP)は、4角手前から捲り気味に進出すると直線で後続を3馬身半突き放す完勝劇。クラシック3冠全てで上位争いをしていた実力馬だけに、やはりOPクラスでは格の違いを見せつけた。勝ち味に遅い面があったが、前走内容から完全に本格化を迎えつつある印象。ここで初重賞制覇を達成し、天皇賞春の有力候補として名乗りを上げるか。オッズは、2倍から3倍台が予想される。

ダイヤモンドステークス2020 予想オッズ/オセアグレイト(5.8倍)

前走・迎春S(3勝クラス)は、道中5番手できっちり折り合うと直線難なく抜け出し2馬身半差快勝。2走前セントライト記念(G2)の敗戦を除けば、条件戦4連勝と勢いのある内容。レース運びも好位先行型で終いの脚も堅実とそつのない走り。距離は伸びれば伸びるほど良いタイプだけに、ハンデ戦の長距離重賞は現状この馬にとってベストで好勝負必至。オッズは、4倍から7倍台が予想される。

ダイヤモンドステークス2020 予想オッズ/タイセイトレイル(7.0倍)

昨年11月アルゼンチン共和国杯(G2)では2着好走しており、長距離レースでの実績は今回のメンバーのなかでも最上位の存在。直近2走はジャパンC(G1)や日経新春杯(G2)など強敵相手のレースに出走しており、相手関係が楽になった今回は勝機到来。鞍上も主戦の中谷騎手に戻り、人馬共に初重賞制覇なるか注目が集まる。オッズは、6倍から9倍台が予想される。

ダイヤモンドステークス2020 [狙い目となる穴馬は?]

ダイヤモンドステークス2020/ダノンキングダム

近走は2000m前後のローテが中心で、前走・エプソムC(G3)では4番人気に支持されたほどの実力馬。ただ3歳時にはゆりかもめ賞(1勝クラス)勝ちの実績があり、血統的に長距離戦も対応は可能。休み明けとはいえ、中間追切では栗東坂路で好時計を連発しており、仕上がり面では文句なし。距離延長が懸念されて少しでも人気を落とすようなら絶好の狙い目。

ダイヤモンドステークス2020/ロサグラウカ

前走・グレイトフルS(3勝クラス)では、果敢にハナをきると直線でも接戦を制する勝負根性をみせて快勝。従来の番手に控える競馬からの脚質転換に成功し、逃げ馬としての可能性を感じさせる上々の内容。今回はハンデ戦で軽斤量が予想されるうえに、逃げ馬不在ですんなり先手が取れそうなメンバー構成。マイペースでラップを刻める展開に持ち込めれば、前残りで高配当演出も期待できる。

-予想オッズ
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.