予想オッズ

【阪急杯】2020 予想オッズ/出走予定馬短評

阪急杯2020 [出走予定馬短評]

春の短距離戦線を占ううえで重要な前哨戦に位置づけられる阪急杯。先週芝&ダートG1制覇を達成したモズアスコットはこのレース2着をきっかけにG1戦線へ飛躍しており、今年もそれに続く馬が現れるか要注目。今年の登録メンバーを見渡すと傑出馬不在の混戦ムード。G1常連の古豪から勢いのある4歳馬まで、幅広いメンバーによる激戦模様となっている。

阪急杯2020 予想オッズ/ダイアトニック(2.4倍)

前走・京都金杯(G3)は、前有利のなか唯一後方集団から勝ち馬に迫る末脚を繰り出し2着好走。昨秋マイルCS(G1)こそ10着に敗れてたものの、G3クラスなら安定して勝ち負けできる地力はつけている。近走はマイル戦が続いたが、今回の芝1400mなら【5.1.0.0】と圧巻の成績。凡走のない得意距離なら主役の座は譲れない。オッズは、2倍から3倍台が予想される。

阪急杯2020 予想オッズ/フィアーノロマーノ(5.7倍)

前走・阪神C(G2)は、道中しっかり折り合い脚を溜めると直線でも良い脚を使い2着好走。マイルCSや安田記念は強敵相手に二桁着順と苦汁をなめたが、やはりG3なら実力上位の存在。阪神コースは【2.1.0.0】と連対率100%の得意舞台。近走から相手関係も楽になっており、重賞2勝目は目前か。オッズは、4倍から6倍台が予想される。

阪急杯2020 予想オッズ/ステルヴィオ(5.9倍)

前走・安田記念(G1)は、スタートで後手を踏み8着敗戦。とはいえ、4角15番手の苦しい位置からラスト3F32.6の強烈な瞬発力で0.4秒差まで迫った内容は負けて強しの印象。中間は右目外傷などがあり約8か月ぶりの復帰戦となるが、乗り込み量も豊富で調整は順調。メンバー中唯一のG1ホースとして、休み明けでも貫録の走りに期待したいところ。オッズは、4倍から6倍台が予想される。

阪急杯2020 [狙い目となる穴馬は?]

阪急杯2020/ラヴィングアンサー

前走・シルクロードS(G3)は、中団待機から直線でもしっかり脚を伸ばし0.3秒差6着。これでOP昇格後は、4戦中3戦で勝ち馬から0.5秒差以内と上々の内容。唯一の大敗したレースも大きく体重を減らしてしまっており、敗因は明白。1戦ごとにクラス慣れして重賞でも通用する地力をつけており、好走率の高い芝1400mなら大駆けしてくれそうな期待感がある。

阪急杯2020/スマートオーディン

昨年このレースの勝ち馬が連覇を目指し今年も参戦。前走・淀短距離S(L)は13着に敗れるも、斤量59kgを背負ってラスト3Fメンバー最速タイムを計測しており、悲観するほどの内容ではない。近走は勝ち負けに絡めていないが、追い込み一辺倒の脚質のため展開ひとつで上位進出も可能。斤量3kg減少に加えて重賞2勝の阪神コースに替わる今回は1発の魅力十分。

-予想オッズ
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.