予想オッズ

【有馬記念】2019 予想オッズ/出走予定馬短評

有馬記念2019 [出走予定馬短評]

数々のドラマを生みだし、競馬界で最大級の盛り上がりをみせる年末のグランプリレース・有馬記念。今年は急遽参戦が決まった現役最強馬アーモンドアイを筆頭に、海外G1を制したリスグラシューや凱旋門賞帰りのフィエールマン&キセキ、3歳世代から皐月賞馬&菊花賞馬など近年最高といえる豪華なメンバー構成。このレースで引退するG1馬も複数参戦しており、今年最も注目度の高い1戦となっている。

有馬記念2019 予想オッズ/アーモンドアイ(1.8倍)

前走・天皇賞秋(G1)では、最内から一瞬の脚を使って楽に抜け出し3馬身差圧勝。強豪牡馬たちを一蹴し、誰しもが認める現役最強馬に君臨。参戦予定だった香港カップ(G1)は熱発で回避しているが、すぐに乗り込みも再開しており体調面に問題なし。紛れのある中山初参戦と適距離ではない2500mが懸念材料にもなりえるが、実力的には頭1つ抜けた存在。歴代最多に並ぶのG1レース7勝目は目前か。オッズは、1倍台後半が予想される。

有馬記念2019 予想オッズ/リスグラシュー(4.9倍)

前走・コックスプレート(G1)で海外初G1制覇を達成し、5歳牝馬にして充実期を迎える大活躍。2走前・宝塚記念(G1)でも今秋JC制覇したスワーヴリチャードを圧倒しており、アーモンドアイさえいなければ堂々1番人気になったであろう実力馬。このレースを最後に引退が予定されており、アーモンドアイとは最初で最後の初対戦。このレースのために特例でレーン騎手の騎乗が実現しており、有終の美を飾る可能性も。オッズは、4倍から6倍台が予想される。

有馬記念2019 予想オッズ/サートゥルナーリア(9.0倍)

前走・天皇賞秋(G1)は、絶好位でレースを運ぶも直線で本来の伸びを欠き6着。過去馬券対象を外した2走はいづれも東京であり、コース適性に乏しい可能性も高い。皐月賞制覇をはじめG1レース2戦2勝の中山なら前走から一変の余地あり。神戸新聞杯で負かしたワールドプレミアが菊花賞を勝っていることからも、3歳世代の筆頭はやはりこの馬か。オッズは、7倍から10倍台が予想される。

有馬記念2019 [狙い目となる穴馬は?]

有馬記念2019/クロコスミア

前走・エリザベス女王杯(G1)は、ハナを奪って軽快なラップを刻むと直線でも二枚腰を使って2着好走。これでこのレース3年連続2着の偉業を達成。有馬記念には初参戦となるが、小回りで紛れのあるコース形態はいかにも適性あり。周りは格上馬ばかりだが、人気薄での激走こそこの馬の持ち味。ノーマークで先行する展開に持ち込めれば、直線粘り込みを図り波乱を演出してくれるはず。

有馬記念2019/エタリオウ

前走・ジャパンカップ(G1)は、4角先頭に並びかける積極性を見せるも直線失速して7着。ただ近走上位争いに絡めず惨敗していた馬が、久々に好調時の行きっぷりで見せ場をつくっており上昇ムードあり。実績的にもG1で通用する地力は備えており、調子さえ戻っていれば善戦可能。鞍上&馬ともにクセのあるタイプだけに、こういった大舞台でこそ1発を狙った大駆けに期待したい。

-予想オッズ
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.