予想オッズ

【阪神カップ】2019 予想オッズ/出走予定馬短評

阪神カップ2019 [出走予定馬短評]

スプリント&マイル路線から有力馬が集まりやすい時期と距離設定のため、G1級のメンバーが揃うことも珍しくない阪神カップ。今年もG1ホース2頭を含み粒ぞろいの好メンバーが登録。なかでも注目は今年の桜花賞馬グランアレグリア。ただ久々ということもあって抜けた人気にはならず、オッズは幅広く分散してきそうな雰囲気がある。

阪神カップ2019 予想オッズ/グランアレグリア(2.9倍)

当初出走予定だったスプリンターズSを回避すると、続くマイルCSも回避。下半期は順調さを欠く調整が続いているが、桜花賞(G1)を圧勝している走りからもG2クラスなら地力上位。今回初めて1400mとなるが、前がかりな気性面から距離短縮は確実にプラス材料。ここで結果を残し、来年のマイル&短距離路線の主役に返り咲けるか要注目。オッズは、2倍から3倍台が予想される。

阪神カップ2019 予想オッズ/グァンチャーレ(5.7倍)

7歳を迎えた今年は久々に実りのある1年となった晩成馬。特に安田記念(G1)では、道中2番手追走すると直線しぶとい脚で伸び続け4着好走。今秋もスワンS(G2)&マイルCS(G1)の古馬王道マイル路線で善戦しており、積極策から粘り込む競馬を完全に自分のものにした印象。引き続き好調を維持しており、35戦ぶりの重賞制覇も視野に入っている。オッズは、5倍から7倍台が予想される。

阪神カップ2019 予想オッズ/イベリス(8.0倍)

前走・スプリンターズS(G1)は、先行馬にとって厳しい流れとなり11着敗退。ただ2走前・セントウルS(G2)では3着好走しており、展開によっては古馬短距離重賞で勝ち負けできる目処は立っている。阪神コースはアーリントンC(G3)制覇など4着以下になったことがなく、最も好走率の高い得意舞台。3歳牝馬で斤量54kgなのも大きな魅力で、来年の短距離路線へ向けてニューヒロイン誕生なるか期待大。6倍から9倍台が予想される。

阪神カップ2019 [狙い目となる穴馬は?]

阪神カップ2019/スマートオーディン

秋初戦となった前走・スワンS(G2)は、ラスト3F33.7の末脚を使うも展開不向きで9着どまり。出脚がなく後方一辺倒のため展開待ちの面はあるが、近走は末脚不発がなく堅実な追い込みを続けている。阪神芝1400mは、4走前・阪急杯(G3)で復活勝利を飾った縁起の良い舞台。このコースで挑む余力十分の秋2戦目なら、豪快な直線一気を再現できる可能性もありそう。

阪神カップ2019/レッツゴードンキ

3歳時に桜花賞(G1)を制して以降、7歳になるまで芝&ダートの短距離G1で末永く活躍を続けた名牝がついに今回ラストラン。前走・JBCレディスクラシック(G1)はスタート後の不利もあり不完全燃焼だったが、2走前・スプリンターズS(G1)では掲示板を確保しており重賞で勝ち負けできる能力は維持している。レース後には引退式も予定されているだけにラストランへ向けて期待も大きく、有終の美を飾れるか要注目。

-予想オッズ
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.