予想

【ステイヤーズステークス】2019予想 レース展開/馬券考察。買い目も公表中

ステイヤーズステークス2019[レース予想]

先行勢不在もあるが、どのみち3600mのマラソンレース。流れることはなく、まずスローペース濃厚。格上挑戦となるベイビーステップの逃げだが、スタミナを生かす形でオジュウチョウサンが途中からハナという展開もありそう。リッジマン、アルバート、メイショウテンゲンが徐々にポジションを上げる形。最後は根性比べ。

ステイヤーズステークス2019 予想【本命◎ リッジマン】

アルバートの3連覇があるように、とにかく適性が問われる一戦。ならば昨年の勝ち馬であるこの馬に注目しないわけにはいかないところ。その昨年は2着馬に2馬身半差をつける完勝劇。3400mのダイヤモンドステークス2着の実績からも、とにかく距離が延びれば延びるほどいいタイプ。久々を叩いて状態面も上昇。連覇に期待。

ステイヤーズステークス2019 予想【対抗○ モンドインテロ】

昨年の3着馬。ディープインパクト産駒ながらも瞬発力よりも持続力で勝負は、母父ブライアンズタイムの影響が強いのだろう。昨年の臨戦過程に違いはあるが、今年も鞍上はビュイック騎手。昨年と同等の走りができれば、上位進出は可能なはず。

ステイヤーズステークス2019 予想【単穴▲ オジュウチョウサン】

有馬記念参戦に沸いた昨年ほどの熱気はないが、まだまだグランプリ出走へのチャンスは十分。その重要な一戦となるのがこのステイヤーズステークスだが、もともと冬場が得意な馬。瞬発力勝負になったアルゼンチン共和国杯は12着惨敗だが、見せ場は作れた。今度は持ち味が生きる長丁場。

ステイヤーズステークス2019 予想【特注☆ ヴァントシルム】

兄ショウナンラグーンは青葉賞(芝2400m)を勝ち、菊花賞でも5着と好走。このあたりは母系に流れるメジロ血統の影響だろう。今回が初めての3000m超の一戦となるが、この馬も追って追ってしぶといスタミナ型。適性が嵌まる可能性は十分ある。

ステイヤーズステークス2019 [馬券考察]

  • 本命◎:10リッジマン
  • 対抗○:12モンドインテロ
  • 単穴▲:1オジュウチョウサン
  • 特注☆:2ヴァントシルム

波乱指数【20】

比較的、人気サイドでの決着が多い一戦。今年も大波乱はどうか。

馬券考察

馬券は馬連で、馬番10から1.2.12へ計3点で勝負!

-予想
-, , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.