予想

【京都新聞杯】2019予想 レース展開/馬券考察。買い目も公表中

京都新聞杯2019[レース予想]

前走逃げ切ったヤマカツシシマルが、再度ハナを取れる組み合わせ。オールイズウェル、サトノソロモン、ナイママ、ハバナウインド、ロジャーバローズが先行~好位集団を形成。ヴァンケドミンゴ、トーセンスカイ、ヒーリングマインド、レッドジェニアルが中団を追走し、ブレイキングドーン、フランクリン、モズベッロ、タガノディアマンテがその後ろから。スロー濃厚で先行有利。

京都新聞杯2019 予想【本命◎ ロジャーバローズ】

前走は久々+初めての長距離輸送。パドックから落ち着きを欠き、まともに走れる精神状態ではなかった。今回は輸送時間、距離が短い地元競馬。跳びが大きく、広い外回りコースでさらに良さが出てきそう。ダービー最終便で、キッチリと結果を出す。

京都新聞杯2019 予想【対抗○ ヒーリングマインド】

タニノギムレット×モンズーンというクラシック血統で、距離を延ばして頭角を現してきた。加えて前2走はともにメンバー最速の上がりをマーク。スタミナ+瞬発力も兼ね備えた一流馬の資質がある。今の京都の馬場も合いそうで、こちらもダービーでの走りが見てみたい1頭。

京都新聞杯2019 予想【単穴▲ ブレイキングドーン】

皐月賞では大きく崩れたが、これは力負けと納得。しかしホープフルステークス5着、弥生賞3着の実績は、ここに入れば最上位。歴戦の疲れもありそうだが、直前の調教からは大丈夫と判断。京都でも重賞2着があり、コース変わりも問題なし。再注目。

京都新聞杯2019 予想【特注☆ レッドジェニアル】

前走はスローの大外枠。終始外を回らされるロスが大きく、むしろそれでいて0秒3差の4着なら力を示した形とも言える。母は2000mの重賞勝ち馬で、最後少し脚いろが鈍った前走を見ても距離短縮は好材料。素質はここに入っても見劣らないものがある。

京都新聞杯2019 [馬券考察]

  • 本命◎:3ロジャーバローズ
  • 対抗○:13ヒーリングマインド
  • 単穴▲:4ブレイキングドーン
  • 特注☆:12レッドジェニアル

波乱指数【40】

各陣営ともダービーへ向けてのラストチャンス。仕上がり具合、中間の調整過程にも注意を払いたい。

馬券考察

馬券は馬連で、馬番3.4.12.13の4頭BOX。計6点で勝負!

-予想
-, , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.