データ分析

【日経新春杯(G2)】2020 過去10年データ分析レース傾向 予想

第67回 日経新春杯(G2) 2020

2020/1/19(日)京都競馬場で行われるのは、長距離ハンデ重賞の日経新春杯(芝2400m)。昨年の勝ち馬グローリーヴェイズは、春の天皇賞で2着と好走すると暮れの香港ヴァーズを制覇。今年も注目の一戦となることは間違いありません。まずは過去10年の傾向から。

日経新春杯 2020 データ分析予想

日経新春杯 データ [枠/馬番/脚質別の傾向]

枠の有利不利はありませんが、4勝を挙げる1枠に注目。脚質別では追い込みが割引。

枠番別の傾向

枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1枠 4 1 0 9 29% 36% 36%
2枠 1 1 2 10 7% 14% 29%
3枠 1 2 2 10 7% 20% 33%
4枠 1 1 1 13 6% 13% 19%
5枠 0 1 1 18 0% 5% 10%
6枠 2 2 0 16 10% 20% 20%
7枠 0 1 4 16 0% 5% 24%
8枠 1 1 0 19 5% 10% 10%

馬番別の傾向

馬番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1番 2 1 0 7 20% 30% 30%
2番 2 1 0 7 20% 30% 30%
3番 1 1 1 7 10% 20% 30%
4番 1 0 1 8 10% 10% 20%
5番 1 1 2 6 10% 20% 40%
6番 0 0 1 9 0% 0% 10%
7番 1 1 0 8 10% 20% 20%
8番 1 2 1 6 10% 30% 40%
9番 0 0 3 7 0% 0% 30%
10番 0 1 1 8 0% 10% 20%
11番 0 2 0 8 0% 20% 20%
12番 1 0 0 9 10% 10% 10%
13番 0 0 0 6 0% 0% 0%
14番 0 0 0 5 0% 0% 0%
15番 0 0 0 4 0% 0% 0%
16番 0 0 0 4 0% 0% 0%
17番 0 0 0 1 0% 0% 0%
18番 0 0 0 1 0% 0% 0%

脚質別の傾向

脚質 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
逃げ 1 1 0 8 10% 20% 20%
先行 3 2 4 26 9% 14% 26%
差し 5 7 5 38 9% 22% 31%
追込 1 0 1 39 2% 2% 5%

日経新春杯 データ [単勝人気馬の傾向]

過去10年の日経新春杯における単勝人気別の成績を見てみると、1番人気は4勝8連対で連対率80%、複勝率90%と高い信頼感。2番人気も4勝5連対なので、人気上位勢が信頼できる。

単勝人気 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1番人気 4 4 1 1 40% 80% 90%
2番人気 4 1 0 5 40% 50% 50%
3番人気 0 2 1 7 0% 20% 30%
4番人気 0 1 4 5 0% 10% 50%
5番人気 0 1 0 9 0% 10% 10%
6番人気 1 0 0 9 10% 10% 10%
7番人気 0 0 2 8 0% 0% 20%
8番人気 0 0 1 9 0% 0% 10%
9番人気 0 0 0 10 0% 0% 0%
10番人気 1 1 0 8 10% 20% 20%
11番人気 0 0 0 10 0% 0% 0%
12番人気 0 0 1 9 0% 0% 10%
13番人気 0 0 0 6 0% 0% 0%
14番人気 0 0 0 5 0% 0% 0%
15番人気 0 0 0 4 0% 0% 0%
16番人気 0 0 0 4 0% 0% 0%
17番人気 0 0 0 1 0% 0% 0%
18番人気 0 0 0 1 0% 0% 0%

日経新春杯 データ [払戻金別の傾向]

ハンデ戦のわりには、比較的順当な決着が多い。

開催年 上位3頭の人気 馬連払戻金 3連複払戻金 3連単払戻金
2010年 2-1-12人気 630円 23560円 89590円
2011年 2-3-1人気 960円 450円 3250円
2012年 1-3-8人気 510円 3460円 9250円
2013年 10-1-4人気 4090円 10000円 63590円
2014年 2-1-4人気 520円 1380円 4700円
2015年 6-10-7人気 10150円 35650円 200130円
2016年 2-1-4人気 510円 1400円 6550円
2017年 1-2-4人気 620円 1330円 5040円
2018年 1-4-7人気 1680円 9240円 37240円
2019年 1-5-3人気 1320円 2640円 10530円

日経新春杯 データ [ステップ別の傾向]

菊花賞組3勝、有馬記念組2勝とG1帰りが好成績ですが、注目はハンデが軽くなる条件上がりの組。

ステップレース 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
G1 6 0 1 20 22% 22% 26%
G2 1 1 4 20 4% 8% 23%
G3 1 4 1 30 3% 14% 17%
OP特別 0 0 2 21 0% 0% 9%
3勝 1 4 1 19 4% 20% 24%
2勝 1 1 1 1 25% 50% 75%

日経新春杯 データ [馬齢別の傾向]

明け4歳馬が、7勝12連対と突出した成績。反面、7歳以上は全滅と手が出ない。

馬齢 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
4歳 7 5 1 9 32% 55% 59%
5歳 2 3 5 21 6% 16% 32%
6歳 1 2 4 29 3% 8% 19%
7歳~ 0 0 0 42 0% 0% 0%

日経新春杯 データ [斤量別の傾向]

58.5キロでの勝ち星もありますが、トップハンデ馬は【1-1-2-10】と振るわない。

斤量 1着 2着 3着 4着
~49キロ 0 0 0 2
50キロ 0 0 0 4
51キロ 0 0 0 3
52キロ 1 0 3 13
53キロ 0 1 0 13
54キロ 2 1 0 22
55キロ 4 3 1 17
56キロ 1 5 3 21
56.5キロ 1 0 1 0
57キロ 0 0 0 7
57.5キロ 0 0 0 7
58キロ 0 0 2 5
58.5キロ~ 1 0 0 0

日経新春杯 データ [前走着順別の傾向]

2桁着順からの巻き返した例は少なく、3着2回だけ。

前走着順 1着 2着 3着 4着以下
1着 2 5 3 9
2着 1 2 1 11
3着 2 2 2 5
4着 0 0 1 4
5着 2 0 0 2
6~9着 3 1 0 32
10着~ 0 0 2 45

日経新春杯 データ [性別の傾向]

牡馬が圧倒と思いきや、牝馬も意外と好走の傾向。そう差はありません。

性別 1着 2着 3着 4着以下
牡・セン 9 9 8 104
1 1 2 7

日経新春杯 データ [所属別の傾向]

関東馬は昨年のグローリーヴェイズの1勝のみ。関西馬断然。

所属 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
関東 1 0 3 17 5% 5% 19%
関西 9 10 7 94 8% 16% 22%

日経新春杯 データ [種牡馬別の傾向]

種牡馬別では、キングカメハメハが最多の4勝。今年はレッドジェニアルが出走予定。

種牡馬 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
キングカメハメハ 4 0 1 7 33% 33% 42%
ディープインパクト 2 1 2 13 11% 17% 28%
ステイゴールド 1 1 1 5 13% 25% 38%
ハーツクライ 1 1 0 3 20% 40% 40%
フレンチデピュティ 1 0 0 0 100% 100% 100%
アドマイヤドン 1 0 0 0 100% 100% 100%
マンハッタンカフェ 0 3 2 12 0% 18% 29%
ハービンジャー 0 0 0 2 0% 0% 0%
ブラックタイド 0 0 0 1 0% 0% 0%
オルフェーヴル 0 0 0 1 0% 0% 0%

日経新春杯 データ [血統別の傾向]

  着順 馬名 種牡馬 母父馬
2019年 1着 グローリーヴェイズ ディープインパクト スウェプトオーヴァーボード
  2着 ルックトゥワイス ステイゴールド Alzao
  3着 シュペルミエール ステイゴールド クロフネ
2018年 1着 パフォーマプロミス ステイゴールド タニノギムレット
  2着 ロードヴァンドール ダイワメジャー StormCat
  3着 ガンコ ナカヤマフェスタ Singspiel
2017年 1着 ミッキーロケット キングカメハメハ Pivotal
  2着 シャケトラ マンハッタンカフェ Singspiel
  3着 モンドインテロ ディープインパクト ブライアンズタイム
2016年 1着 レーヴミストラル キングカメハメハ HighestHonor
  2着 シュヴァルグラン ハーツクライ Machiavellian
  3着 サトノノブレス ディープインパクト トニービン
2015年 1着 アドマイヤデウス アドマイヤドン サンデーサイレンス
  2着 フーラブライド ゴールドアリュール メジロマックイーン
  3着 アドマイヤフライト マンハッタンカフェ トニービン
2014年 1着 サトノノブレス ディープインパクト トニービン
  2着 アドマイヤフライト マンハッタンカフェ トニービン
  3着 フーラブライド ゴールドアリュール メジロマックイーン
2013年 1着 カポーティスター ハーツクライ Capote
  2着 ムスカテール マヤノトップガン サンデーサイレンス
  3着 トウカイパラダイス ゴールドアリュール マルゼンスキー
2012年 1着 トゥザグローリー キングカメハメハ サンデーサイレンス
  2着 ダノンバラード ディープインパクト Unbridled
  3着 マカニビスティー ゼンノロブロイ ブライアンズタイム
2011年 1着 ルーラーシップ キングカメハメハ トニービン
  2着 ヒルノダムール マンハッタンカフェ ラムタラ
  3着 ローズキングダム キングカメハメハ サンデーサイレンス
2010年 1着 メイショウベルーガ フレンチデピュティ Sadler'sWells
  2着 トップカミング ゴールドアリュール サクラバクシンオー
  3着 レッドアゲート マンハッタンカフェ スキャン

日経新春杯 2020 データ分析まとめ

データ分析した傾向をまとめてみます。

単勝人気別の傾向から
→1、2番人気の信頼度は高い。

ステップ別の傾向から
→G1帰りか、ハンデの軽い条件上がりの組。

年齢別の傾向から
→4歳が突出し、7歳以上は壊滅。

種牡馬別の傾向から
→キングカメハメハ産駒に注目。

この傾向から注目したい馬を3頭ピックアップ!

注目馬①/レッドジェニアル/牡4

年齢、血統、ステップとも減点なし。不動の軸。

注目馬②/メロディーレーン/牝4

牝馬も十分太刀打ち可能。菊花賞5着を見直したい。

注目穴馬/レッドレオン/牡5

前走条件戦の組に穴馬の資格。久々快勝と勢いもある。

-データ分析
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.