データ分析

【京成杯(G3)】2020 過去10年データ分析レース傾向 予想

第60回 京成杯(G3) 2020

2020/1/19(日)中山競馬場で行われるのは、3歳重賞の京成杯(芝2000m)。皐月賞と同じ舞台ということもあり、注目の集まる一戦。昨年は母父ディープインパクト馬が上位独占。このあたりにヒントがあるかもしれません。まずは過去10年の傾向から。

京成杯 2020 データ分析予想

京成杯 データ [枠/馬番/脚質別の傾向]

5~8枠【7-6-2-66】と外目の枠が好成績。脚質別では先行~差し馬が狙い目に。

枠番別の傾向

枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1枠 1 0 3 10 7% 7% 29%
2枠 0 1 2 14 0% 6% 18%
3枠 1 1 2 13 6% 12% 24%
4枠 1 2 1 14 6% 17% 22%
5枠 2 2 0 16 10% 20% 20%
6枠 2 1 2 15 10% 15% 25%
7枠 0 0 0 20 0% 0% 0%
8枠 3 3 0 15 14% 29% 29%

馬番別の傾向

馬番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1番 0 0 3 7 0% 0% 30%
2番 1 0 2 7 10% 10% 30%
3番 0 1 0 9 0% 10% 10%
4番 1 1 0 8 10% 20% 20%
5番 0 2 2 6 0% 20% 40%
6番 1 0 0 9 10% 10% 10%
7番 1 1 2 6 10% 20% 40%
8番 2 0 0 8 20% 20% 20%
9番 0 0 0 10 0% 0% 0%
10番 0 1 0 9 0% 10% 10%
11番 0 2 1 7 0% 20% 30%
12番 1 0 0 9 10% 10% 10%
13番 1 0 0 7 13% 13% 13%
14番 0 0 0 7 0% 0% 0%
15番 1 1 0 5 14% 29% 29%
16番 0 1 0 3 0% 25% 25%
17番 1 0 0 0 100% 100% 100%

脚質別の傾向

脚質 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
逃げ 0 1 0 9 0% 10% 10%
先行 5 2 3 30 13% 18% 25%
差し 5 4 2 42 9% 17% 21%
追込 0 3 5 36 0% 7% 18%

京成杯 データ [単勝人気馬の傾向]

過去10年の京成杯における単勝人気別の成績を見てみると、上位人気勢が安定しており、伏兵馬の大駆けは狙えそうにない印象。

単勝人気 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3 2 1 4 30% 50% 60%
2番人気 2 2 2 4 20% 40% 60%
3番人気 1 1 1 7 10% 20% 30%
4番人気 1 0 1 8 10% 10% 20%
5番人気 2 2 0 6 20% 40% 40%
6番人気 0 0 2 8 0% 0% 20%
7番人気 1 2 2 5 10% 30% 50%
8番人気 0 1 0 9 0% 10% 10%
9番人気 0 0 1 9 0% 0% 10%
10番人気 0 0 0 10 0% 0% 0%
11番人気 0 0 0 10 0% 0% 0%
12番人気 0 0 0 10 0% 0% 0%
13番人気 0 0 0 8 0% 0% 0%
14番人気 0 0 0 7 0% 0% 0%
15番人気 0 0 0 7 0% 0% 0%
16番人気 0 0 0 4 0% 0% 0%
17番人気 0 0 0 1 0% 0% 0%

京成杯 データ [払戻金別の傾向]

上位人気勢が手堅く、波乱は少ない。

開催年 上位3頭の人気 馬連払戻金 3連複払戻金 3連単払戻金
2010年 1-3-2人気 670円 780円 3170円
2011年 2-8-7人気 6600円 24700円 156000円
2012年 2-5-1人気 1820円 1640円 10720円
2013年 7-5-9人気 4590円 27420円 166910円
2014年 5-1-4人気 2040円 7430円 43250円
2015年 3-1-6人気 1350円 3700円 16830円
2016年 5-7-2人気 7460円 11280円 78050円
2017年 1-7-3人気 2580円 4660円 23040円
2018年 1-2-6人気 780円 3130円 12290円
2019年 4-2-7人気 670円 5490円 22140円

京成杯 データ [ステップ別の傾向]

4年連続馬券内で【2-2-1-4】と出てきたら無条件で狙いとなる、葉牡丹賞組が不在。【2-0-1-5】のエリカ賞組が中心となりそう。

ステップレース 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
新馬 1 0 3 15 5% 5% 21%
未勝利 1 3 1 22 4% 15% 19%
1勝 5 2 2 31 13% 18% 23%
OP特別 2 0 2 15 11% 11% 21%
G3 0 3 1 15 0% 16% 21%
G2 0 1 1 9 0% 9% 18%
G1 1 1 0 10 8% 17% 17%

京成杯 データ [前走着順別の傾向]

格を問わず、前走1着馬が優秀。

前走着順 1着 2着 3着 4着以下
1着 6 4 6 49
2着 1 2 2 4
3着 1 1 1 7
4着 0 1 0 7
5着 1 2 1 10
6~9着 1 0 0 25
10着~ 0 0 0 15

京成杯 データ [キャリア別の傾向]

キャリア3戦馬が優秀。今年はコスモスタック、ゼノヴァース、ヒュッゲ、ロールオブサンダーの4頭が該当馬。

キャリア 1着 2着 3着 4着以下
1戦 1 0 3 15
2戦 1 2 1 25
3戦 6 4 2 27
4戦 2 3 0 14
5戦 0 1 2 20
6戦 0 0 1 10
7戦 0 0 1 4
8戦 0 0 0 1
9戦 0 0 0 1
10戦~ 0 0 0 0

京成杯 データ [性別の傾向]

上位3頭30頭は、すべて牡馬。

性別 1着 2着 3着 4着以下
牡・セン 10 10 10 108
0 0 0 9

京成杯 データ [所属別の傾向]

すべての率で関西馬がリード。

所属 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
関東 6 5 6 81 6% 11% 17%
関西 3 5 4 35 6% 17% 26%

京成杯 データ [種牡馬別の傾向]

ハービンジャー、バゴ産駒は不在とほぼ横並びの状態だが、パワー系が狙い目に。

種牡馬 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
ハービンジャー 2 0 1 6 22% 22% 33%
バゴ 1 1 0 0 50% 100% 100%
ステイゴールド 1 0 2 4 14% 14% 43%
ディープインパクト 1 0 1 10 8% 8% 17%
ハーツクライ 1 0 0 4 20% 20% 20%
スクリーンヒーロー 1 0 0 0 100% 100% 100%
キングカメハメハ 0 4 2 5 0% 36% 55%
ロージズインメイ 0 0 0 1 0% 0% 0%

京成杯 データ [血統別の傾向]

  着順 馬名 種牡馬 母父馬
2019年 1着 ラストドラフト ノヴェリスト ディープインパクト
  2着 ランフォザローゼス キングカメハメハ ディープインパクト
  3着 ヒンドゥタイムズ ハービンジャー ディープインパクト
2018年 1着 ジェネラーレウーノ スクリーンヒーロー ロックオブジブラルタル
  2着 コズミックフォース キングカメハメハ ネオユニヴァース
  3着 イェッツト カンパニー キングカメハメハ
2017年 1着 コマノインパルス バゴ フジキセキ
  2着 ガンサリュート ダノンシャンティ クロフネ
  3着 マイネルスフェーン ステイゴールド JadeRobbery
2016年 1着 プロフェット ハービンジャー タニノギムレット
  2着 ケルフロイデ キングカメハメハ Monsun
  3着 メートルダール ゼンノロブロイ SilverHawk
2015年 1着 ベルーフ ハービンジャー サンデーサイレンス
  2着 ブラックバゴ バゴ ステイゴールド
  3着 クルーガー キングカメハメハ Diktat
2014年 1着 プレイアンドリアル デュランダル ティンバーカントリー
  2着 キングズオブザサン チチカステナンゴ サンデーサイレンス
  3着 アデイインザライフ ディープインパクト サクラバクシンオー
2013年 1着 フェイムゲーム ハーツクライ アレミロード
  2着 アクションスター アグネスタキオン LoupSolitair
  3着 ケイアイチョウサン ステイゴールド シンボリクリスエス
2012年 1着 ベストディール ディープインパクト MarchanddeSa
  2着 マイネルロブスト ゼンノエルシド メジロライアン
  3着 アドマイヤブルー キングカメハメハ フジキセキ
2011年 1着 フェイトフルウォー ステイゴールド メジロマックイーン
  2着 デボネア アグネスタキオン Singspiel
  3着 プレイ ロックオブジブラル サンデーサイレンス
2010年 1着 エイシンフラッシュ King'sBest Platini
  2着 アドマイヤテンクウ キングカメハメハ サンデーサイレンス
  3着 レッドスパークル ニューイングランド ヘクタープロテクター

京成杯 2020 データ分析まとめ

データ分析した傾向をまとめてみます。

単勝人気別の傾向から
→上位人気勢が安定。波乱は少ない。

ステップ別の傾向から
→エリカ賞組が狙い。

キャリア別の傾向から
→3戦が好成績。

種牡馬別の傾向から
→パワー型に注目。

この傾向から注目したい馬を3頭ピックアップ!

注目馬①/ヒュッゲ/牡3

キャリア、ステップとも文句なし。ハーツクライ産駒も過去1勝。

注目馬②/ロールオブサンダー/牡3

キャリア3戦、前走は重賞でも見せ場。稍重2勝も心強い。

注目穴馬/コスモスタック/牡3

京成杯に必要なパワー血統。前走は出遅れと敗因明確。穴なら。

-データ分析
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.