データ分析

【きさらぎ賞(G3)】2020 過去10年データ分析レース傾向 予想

第60回 きさらぎ賞(G3) 2020

2020/2/9(日)京都競馬場で行われるのは、数々のGIホースを送るクラシックへの登竜門。第60回きさらぎ賞(芝1800m)。例年頭数が揃わない傾向にありますが、質の高い一戦。4年前の勝ち馬が有馬記念、菊花賞制覇のサトノダイヤモンド。今年も要注目です。まずは過去10年の傾向から。

きさらぎ賞 2020 データ分析予想

きさらぎ賞 データ [枠/馬番/脚質別の傾向]

3勝を挙げる3枠に目が行きますが、すべての枠から勝ち馬が出ていて、有利不利はあまりありません。脚質別では先行馬が6勝と圧倒的。頭数が少なく、スローになりがちなだけで前に行ける馬に注目。

枠番別の傾向

枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1枠 1 2 0 7 10% 30% 30%
2枠 1 2 0 7 10% 30% 30%
3枠 3 0 2 5 30% 30% 50%
4枠 1 1 3 6 9% 18% 45%
5枠 1 2 0 9 8% 25% 25%
6枠 1 1 1 10 8% 15% 23%
7枠 1 1 3 9 7% 14% 36%
8枠 1 1 1 13 6% 13% 19%

馬番別の傾向

馬番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1番 1 2 0 7 10% 30% 30%
2番 1 2 0 7 10% 30% 30%
3番 3 0 2 5 30% 30% 50%
4番 1 1 3 5 10% 20% 50%
5番 0 2 0 8 0% 20% 20%
6番 1 0 1 8 10% 10% 20%
7番 1 1 1 7 10% 20% 30%
8番 0 1 0 8 0% 11% 11%
9番 2 0 1 4 29% 29% 43%
10番 0 0 1 3 0% 0% 25%
11番 0 1 0 2 0% 33% 33%
12番 0 0 0 2 0% 0% 0%
13番 0 0 1 0 0% 0% 100%

脚質別の傾向

脚質 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
逃げ 1 3 1 5 10% 40% 50%
先行 6 2 2 27 16% 22% 27%
差し 3 1 5 13 14% 18% 41%
追込 0 4 2 20 0% 15% 23%

きさらぎ賞 データ [単勝人気馬の傾向]

過去10年のきさらぎ賞における単勝人気別の成績を見てみると、1番人気は3勝6連対と優秀。人気薄の好走はかなり少ない傾向。

単勝人気 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3 3 0 4 30% 60% 60%
2番人気 1 2 4 3 10% 30% 70%
3番人気 2 0 2 6 20% 20% 40%
4番人気 1 2 0 7 10% 30% 30%
5番人気 1 1 1 7 10% 20% 30%
6番人気 2 1 2 5 20% 30% 50%
7番人気 0 0 1 9 0% 0% 10%
8番人気 0 1 0 9 0% 10% 10%
9番人気 0 0 0 6 0% 0% 0%
10番人気 0 0 0 4 0% 0% 0%
11番人気 0 0 0 3 0% 0% 0%
12番人気 0 0 0 2 0% 0% 0%
13番人気 0 0 0 1 0% 0% 0%

きさらぎ賞 データ [払戻金別の傾向]

頭数が揃わない上に素質馬揃いということもあり、配当面での期待は薄く、順当決着が多い。

開催年 上位3頭の人気 馬連払戻金 3連複払戻金 3連単払戻金
2010年 5-1-6人気 1300円 3610円 23630円
2011年 3-8-2人気 10280円 10200円 89500円
2012年 1-4-2人気 830円 1420円 4970円
2013年 6-5-3人気 2770円 3700円 28120円
2014年 2-1-6人気 150円 1200円 3310円
2015年 1-2-3人気 260円 420円 1270円
2016年 1-4-2人気 700円 430円 1570円
2017年 6-1-2人気 960円 1210円 14180円
2018年 4-2-5人気 1440円 3750円 23040円
2019年 3-6-7人気 7460円 23670円 141960円

きさらぎ賞 データ [ステップ別の傾向]

新馬勝ち直後に結果を出したのは、18年サトノフェイバーの1頭だけ。ある程度の実績は欲しいところ。

ステップレース 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
新馬 1 0 0 10 9% 9% 9%
未勝利 1 2 4 7 7% 21% 50%
1勝 4 8 3 22 11% 32% 41%
OP特別 2 0 0 3 40% 40% 40%
G3 1 0 1 14 6% 6% 13%
G2 0 0 0 2 0% 0% 0%
G1 1 0 2 5 13% 13% 38%

きさらぎ賞 データ [前走着順別の傾向]

勝ち馬10頭中9頭が、前走1~3着。惨敗→一変は少ない。

前走着順 1着 2着 3着 4着以下
1着 6 7 5 19
2着 1 1 3 7
3着 2 1 0 6
4着 0 1 0 5
5着 0 0 0 4
6~9着 1 0 1 17
10着~ 0 0 1 8

きさらぎ賞 データ [キャリア別の傾向]

キャリアは2戦以上~4戦以下。

キャリア 1着 2着 3着 4着以下
1戦 1 0 0 10
2戦 4 4 0 8
3戦 3 4 6 10
4戦 2 2 3 14
5戦 0 0 1 4
6戦~ 0 0 0 20

きさらぎ賞 データ [性別の傾向]

牝馬の優勝・連対は、15年のルージュバックのみ。

性別 1着 2着 3着 4着以下
牡・セン 9 10 10 64
1 0 0 2

きさらぎ賞 データ [所属別の傾向]

関西馬が圧倒。

所属 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
関東 1 1 0 4 17% 33% 33%
関西 9 9 10 62 10% 20% 31%

きさらぎ賞 データ [種牡馬別の傾向]

クラシックを目指す関西馬が中心となるだけに、やはり素質馬の多いディープ産駒が他を圧倒。今年もアルジャンナ、ストーンリッジ、トゥルーヴィルと候補が多い。

種牡馬 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
ディープインパクト 5 5 2 11 22% 44% 52%
オルフェーヴル 0 1 0 1 0% 50% 50%
ルーラーシップ 0 0 1 1 0% 0% 50%
シンボリクリスエス 0 0 0 1 0% 0% 0%

きさらぎ賞 データ [血統別の傾向]

  着順 馬名 種牡馬 母父馬
2019年 1着 ダノンチェイサー ディープインパクト Rock of Gibraltar
  2着 タガノディアマンテ オルフェーヴル キングカメハメハ
  3着 ランスオブプラーナ ケープブランコ マンハッタンカフェ
2018年 1着 サトノフェイバー ゼンノロブロイ DistortedHumor
  2着 グローリーヴェイズ ディープインパクト スウェプトオーヴァーボード
  3着 ラセット モンテロッソ アグネスタキオン
2017年 1着 アメリカズカップ マンハッタンカフェ Coronado'sQuest
  2着 サトノアーサー ディープインパクト Redoute'sChoice
  3着 ダンビュライト ルーラーシップ サンデーサイレンス
2016年 1着 サトノダイヤモンド ディープインパクト Orpen
  2着 レプランシュ ディープインパクト Fasliyev
  3着 ロイカバード ディープインパクト JadeHunter
2015年 1着 ルージュバック マンハッタンカフェ AwesomeAgain
  2着 ポルトドートウィユ ディープインパクト クロフネ
  3着 アッシュゴールド ステイゴールド メジロマックイーン
2014年 1着 トーセンスターダム ディープインパクト エンドスウィ0プ
  2着 バンドワゴン ホワイトマズル Unbridled'sSong
  3着 エイシンエルヴィン Shamardal Monsun
2013年 1着 タマモベストプレイ フジキセキ ノーザンテースト
  2着 マズルファイヤー ホワイトマズル SaintBallado
  3着 アドマイヤドバイ アドマイヤムーン サンデーサイレンス
2012年 1着 ワールドエース ディープインパクト Acatenango
  2着 ヒストリカル ディープインパクト ノーザンテースト
  3着 ベールドインパクト ディープインパクト ドクターデヴィアス
2011年 1着 トーセンラー ディープインパクト Lycius
  2着 リキサンマックス キングヘイロー テンビー
  3着 オルフェーヴル ステイゴールド メジロマックイーン
2010年 1着 ネオヴァンドーム ネオユニヴァース トニービン
  2着 レーヴドリアン スペシャルウィーク HighestHonor
  3着 ステージプレゼンス アグネスタキオン HighestHonor

きさらぎ賞 2020 データ分析まとめ

データ分析した傾向をまとめてみます。

単勝人気別の傾向から
→素質馬の出走が多く、基本的に人気決着。

キャリア別の傾向から
→新馬勝ち直後は不振。キャリア2~4戦は必須。

脚質別の傾向から
→頭数が少なくスローになりやすい。逃げ~先行馬が狙い。

種牡馬別の傾向から
→ディープインパクト産駒に注目。

この傾向から注目したい馬を3頭ピックアップ!

注目馬①/アルジャンナ/牡3

キャリア2戦のディープ産駒。勝ってクラシックへ。

注目馬②/グランレイ/牡3

キャリア3戦、朝日杯FS3着の実績上位。京都コースも克服済み。

注目穴馬/クリノプレミアム/牡3

軽快な先行力があり、展開のカギを握る馬。残り目注意。

-データ分析
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.