1週前出走馬

【小倉大賞典】2020出走予定馬 1週前注目馬考察

 

2020/2/23開催「小倉大賞典(G3)」に向けて、現時点での出走予定馬から注目度の高い有力馬達の動向と状況をチェックしていきます。

小倉大賞典2020 [1週前出走予定馬]

馬名 性齢 想定騎手 調教師
アウトライアーズ 牡6 未定 小島茂
アンノートル 牡6 柴田大 田中博
ヴェロックス 牡4 川田 中内田
カデナ 牡6 未定 中竹
サイモンラムセス 牡10 未定 梅田
ジナンボー 牡5 未定
テリトーリアル 牡6 未定 西浦
ナイトオブナイツ 牡7 未定 池添兼
レイホーロマンス 牝7 未定 橋田

■2020/2/8現在

 

小倉大賞典2020 [注目馬考察]

小倉大賞典2020出走予定馬/ヴェロックス

皐月賞2着、ダービー4着、菊花賞3着。有馬記念はさすがに壁を感じたが、アーモンドアイやスワーヴリチャードには先着しており、今年の飛躍が期待される1頭。小倉大賞典への参戦は正直『反則レベル』の印象もあるが、未だ重賞未勝利の現実。まずは実を取りに来たということだろう。さすがにここは落とせない一戦。

小倉大賞典2020出走予定馬/ジナンボー

父母3冠馬という夢の配合。新潟記念でクビ差だったユーキャンスマイルが、その後天皇賞・秋4着、ジャパンカップ5着。こちらは13着と惨敗だったが、鞍上のムーア騎手も「距離は2000mまで」とコメントしており、距離が敗因と割り切れる一戦。今回はベスト距離、ヴェロックスは強敵だが、それ以外には負けない。

小倉大賞典2020出走予定馬/カデナ

天皇賞・秋13着は別として、前走の中山金杯11着が物足りない。しかしスロー+直線上手く捌けずと敗因もはっきりとしているだけに、この1戦のみで評価を下げては危険な気も。小倉記念では海外GIを制したメールドグラースの2着、新潟記念もユーキャンスマイル、ジナンボーに続いての3着だった。平坦コースでもう一度見直したい。

小倉大賞典2020出走予定馬/アンノートル

2走前から着用のブリンカー効果も大きく、前走の中山金杯もラストは目立つ伸び。徐々に距離を延ばして2000mにも対応できるようになってきたが、やはりベストは1600~1800m。小回りコースで仕掛けどころが難しいが、距離短縮は何よりのプラスと捉えていい。穴で一考。

小倉大賞典2020出走予定馬/ナイトオブナイツ

年齢的にも上積みは期待しづらく、重賞では力差も感じるが、平坦小回り1800mに抜群の適性。前4走は、2000mに坂コースと条件不向きと受け取ることも可能。小倉1800mは不満の無い舞台だし、あとは枠順。インで脚を溜める競馬が得意なだけに、内枠があたれば。

小倉大賞典2020[今後の動向]

今年は何と言ってもヴェロックスの参戦がすべて。勝ちっぷりに焦点。

 

-1週前出走馬
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.