1週前出走馬

【フェブラリーS】2020出走予定馬 1週前注目馬考察

2020/2/23開催「フェブラリーS(G1)」に向けて、現時点での出走予定馬から注目度の高い有力馬達の動向と状況をチェックしていきます。

フェブラリーS2020 [1週前出走予定馬]

馬名 性齢 想定騎手 調教師
アルクトス 牡5 田辺 栗田
インティ 牡6 武豊 野中
ヴェンジェンス 牡7 大根田
キングズガード 牡9 秋山 寺島
サンライズノヴァ 牡6 松山 音無
タイムフライヤー 牡5 フォーリー 松田国
ダノンフェイス 牡7 岩田康 大久保
テーオージーニアス 牡5 未定 梅田
デルマルーヴル 牡4 未定 戸田
ノンコノユメ セン8 真島 荒山
ブルドッグボス 牡8 和田 加用
ミッキーワイルド 牡5 北村友 安田隆
ミューチャリー 牡4 御神本 矢野
モジアナフレイバー 牡5 繁田 福永
モズアスコット 牡6 ルメール 矢作
ワイドファラオ 牡4 福永 角居
ワンダーリーデル 牡7 横山典 安田翔

■2020/2/8現在

 

フェブラリーS2020 [注目馬考察]

フェブラリーS2020出走予定馬/モズアスコット

ゲートで横を向いた時にスタートを切られて出遅れた前走の根岸Sだが、終わってみれば力の違いを見せつけた形。GI馬の底力と言えばそれまでだが、初ダートを難なく克服した点も含めれば、その中身は濃い。本番は1600mだが、根岸Sの勝ちっぷりの良さと安田記念勝ちから何ら問題なし。芝・ダート両方のGI制覇へ。

フェブラリーS2020出走予定馬/インティ

東海Sは同型馬との兼ね合いもあり、スタート直後から行く素振りも見せず好位~中団からの競馬。捲り気味にポジションを上げていき、4角で勝ち馬エアアルマスに並びかけるところまでは良かったが、最後は斤量差のぶんもあり失速。それでも逃げに固執しない競馬ができたことは収穫。今回もハナなら行けばいいし、枠次第で控える形もOK。

フェブラリーS2020出走予定馬/アルクトス

ミッキーワイルド、ヴェンジェンス、サンライズノヴァなど錚々たるメンバー相手に完勝だったプロキオンSは掛け値なしに好評価。南部杯はサンライズノヴァに上手く乗られてしまったが、3着馬がゴールドドリーム、4着馬モジアナフレイバーとこちらもかなりのハイレベル。4戦4勝と負け知らずの東京1600mならチャンス十分。

フェブラリーS2020出走予定馬/サンライズノヴァ

18年フェブラリーS4着の実績もあったが、ようやく前々走の南部杯で待望のGI格制覇。前走の武蔵野Sは、そのぶん斤量(59キロ)を背負わされたが、最後の直線では一旦抜け出しかける場面を演出。上位4頭とは3キロの斤量差があったことを思えば、悲観する内容ではなかった。57キロの今回は当然見直しが可能。

フェブラリーS2020出走予定馬/モジアナフレイバー

外を回って真っ向勝負で挑んだ前走の東京大賞典4着は評価できるもの。そしてこの馬の類まれなる素質、スピードを示したのが南部杯だろう。当時は内が伸びる馬場で、左回りも初めて。それでもこの馬は外を回って0秒6差4着まで追い上げた。今回の予行練習と思えば上々の内容、ここは次のドバイに向けても弾むをつけたい一戦。

フェブラリーS2020[今後の動向]

クリソベリル、ゴールドドリーム、コパノキッキングなど有力馬の回避もあったが、地方馬3頭も含めて豪華なラインナップ。この後、ドバイ・海外遠征を控える組も多く、注目の一戦となる。

 

-1週前出走馬
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.