1週前出走馬

【阪急杯】2020出走予定馬 1週前注目馬考察

 

2020/3/1開催「阪急杯(G3)」に向けて、現時点での出走予定馬から注目度の高い有力馬達の動向と状況をチェックしていきます。

阪急杯2020 [1週前出走予定馬]

馬名 性齢 調教師
サフランハート 牡7 北出
ジョイフル 牡6 吉村
スマートオーディン 牡7 池江
ダイアトニック 牡5 安田隆
ディープダイバー 牡4 大久保
ハッピーアワー 牡4 武幸
マイスタイル 牡6
ミスターメロディ 牡5 藤原英
ライラックカラー 牡5 藤沢和
ロジクライ 牡7 須貝

■2020/2/13現在

 

阪急杯2020 [注目馬考察]

阪急杯2020出走予定馬/マイスタイル

阪神カップは、前半3F33秒9のミドルペース。先行した10番人気メイショウショウブが3着に粘ったことからも決して厳しいペースではなく、少々解せない面が残るが、強いて挙げるならマイルCSの反動が出たといったところか。そのマイルCSでは最優秀短距離馬インディチャンプと0秒4差の接戦。この馬も大仕事の可能性があり、続けての惨敗は許されないところ。

阪急杯2020出走予定馬/ダイアトニック

短距離王国・安田隆厩舎が送る新星。1600mでは最後甘くなる傾向だっただけに、前走の京都金杯も半信半疑だったが、グイグイ脚を伸ばして2着を確保。勝ったサウンドキアラとは4キロの斤量差があったことを思えば十分合格点がつく。今度はベストの1400m。

阪急杯2020出走予定馬/ミスターメロディ

血統的にダートOKとはいえ、さすがに一線級が揃ったJBCスプリントは、過剰人気だった面も。今春はドバイ遠征が予定されており、高松宮記念連覇には挑まない公算が高いが、坂コースの芝短距離はこの馬にとってのベスト舞台。叩き台の意味合いが強いが、無様な競馬はできないところ。

阪急杯2020出走予定馬/ライラックカラー

芝1800mの新馬戦を快勝し、クラシック路線のローテを組まれたが、その後5、4、4着と詰めの甘い競馬続き。しかしひと夏を越して札幌芝1500mで復帰すると、今までの甘さが嘘かのような切れ味を披露。その後はさらに距離を詰めて1400mで常に32~33秒台の脚を使い、前走は初めての1200mながら淀みない流れを後方一気と素晴らしい内容。ちょっと目が離せない存在となりそう。

阪急杯2020出走予定馬/ジョイフル

道中追っつけ追っつけに加えて、外を回るロス。さすがにこの形では脚を溜めることができず、2走前のような爆発的な脚を使うことができなかったが、初めての重賞挑戦ならいい経験と割り切れる一戦。阪神、東京で3勝と坂コースの方が合うタイプでもあり、今回はベスト舞台。まだ見限れない。

阪急杯2020[今後の動向]

高松宮記念へ向けて…とはいえ、本番との関連性は強くない傾向。ここ狙いの馬を探したい。

 

-1週前出走馬
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.