追い切り

ユニコーンステークス2019追い切り診断/追い切り評価ベスト3を発表!

3歳ダート王者へ名乗りをあげるのは状態絶好のこの馬!

ユニコーンステークスは枠順も確定し、いよいよ発走が近づいてきました。7月のジャパンダートダービーへ向けて、まずは中央勢の頂点を決するこのユニコーンS。今年はデュープロセスとデアフルーグの一騎打ちムードとはなっていますが中央場所では初となる3歳ダート重賞を制するべく各馬の仕上げは虎視眈々。渾身の仕上げで臨んできそうな馬がいるならばそこへ狙いを定めてみるのも面白そうです。

調教評価 A 2歳王者が一変気配の絶好の動き
ノーヴァレンダ 栗東CW 81.6 66.5 51.5 37.7 11.6 G前追う 併せ先着
最終追い切りでも仕掛けられてからの反応はラスト11秒台が示す通りにスピード感十分。更には1週前のコースで79.4 65.3 51.3 37.9 11.8と6F80秒を切る好時計をマークして自己ベストを更新。昨年の全日本2歳優駿を制している2歳ダート王者のノーヴァレンダですが、年明け初戦の伏竜ステークスでは反応が鈍く5着に敗退したものの、この中間の動きを見れば休み明けを使っての上積みはかなり大きそうなところ。東京コースは初となりますが、鞍上が北村友騎手に戻るのもプラスと見ておきたいところではあり、巻き返しに十分期待のもてる状態にあると言えそうです。

調教評価 A 坂路の動き絶好で注目の存在
ヴァニラアイス 栗東坂路 53.9 39.5 25.7 12.4 馬なり
端午ステークスを制して臨んでくるヴァニラアイス。これが初距離となるだけにその克服も課題となってきそうですが、状態面でいえば1週前に49.8 36.5 24.5 12.6と自己ベストの好タイムをマークし、1戦毎に力をつけてきている馬らしくここも成長を感じさせる動きを見せています。デュープロセスをはじめとした人気馬よりも前の位置で競馬を進めていきそうなところもあるだけに目標にされてしまう厳しさはありそうですが、逆に気分よく運べれば直線での脅威の粘りを期待するに足りる状態にあるとも言えるだけに警戒が必要となってくるのではないでしょうか。

調教評価 A 重賞制覇へ状態は万全
デュープロセス 栗東坂路 58.6 41.5 25.3 12.0 馬なり
最終追い切りは前半かなり軽めもラストは軽く仕掛けただけで12.0と鋭く伸びてきており、1週前にはCWコースで83.0 66.7 52.0 37.8 11.8をマークしており十分に負荷もかかっているところ。何よりラストの伸びはここ2週目立つところがあり迫力もましてきているだけに、4連勝の勢いで一気に重賞制覇。そしてジャパンダートダービーへ向けての有力候補として名乗りをあげてくる可能性はかなり高いのではないでしょうか。レース振りからも大きく崩れるイメージはなく。状態は平行線よりむしろ上昇ということならばここも堅実な競馬で上位をうかがってくることを期待してよい仕上がりにあると言えそうです。

ほかにも人気になりそうなデアフルーグや初ダートとはなりますがワイドファラオの2頭は好調をうかがわせるいい動きを見せているだけにB評価は必要なところでしょう。まだまだ直接対決の少ない3歳馬による争いだけに紛れる可能性も十分にありそうですが、追い切りの動きからはA・B評価の5頭に絞ってみたいと思います。

-追い切り
-, , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.