追い切り

安田記念2019追い切り診断/追い切り評価ベスト3を発表!

安田記念を制するのは状態絶好のこの馬!
今年の安田記念はG1を5連勝中のアーモンドアイの走りに多くの注目が集まっていますが、G1馬7頭が集まる豪華メンバーでの1戦でもあります。海外遠征帰りのアーモンドアイの仕上がり具合もチェックしておきたいところですが、この安田記念こそが狙いとばかりに渾身の仕上げで臨む馬は馬券予想をする上では要チェックと言えるでしょう。

調教評価 A ここ目標のメイチ仕上げは明白
ダノンプレミアム 栗東CW 73.7 56.3 40.1 11.5 馬なり
最終追い切りこそ輸送も考慮しての軽めの調整ではありましたが、それでもラストは軽く仕掛けられただけで11.5と鋭い動きを見せており、1週前にはコースで80.4 64.6 50.0 36.8 11.3と自己ベストに迫る動きを披露。金鯱賞・マイラーズカップと使ってここが休み明け3戦目。まさに狙い通りの仕上げで狙ったレースに臨んでくるものと判断して良さそうです。相手はアーモンドアイをはじめとした強豪揃いではありますが、自分の競馬に徹しさえすればタイトル奪取の可能性は十分にある絶好の仕上がりと言えそうです。

調教評価 A 坂路自己ベストへ連覇へ万全
モズアスコット 栗東坂路 49.6 36.4 23.7 11.7 馬なり 併せ先着
連覇のかかる安田記念ですが、前走のマイラーズカップから状態面は急上昇がうかがえる追い切り内容。最終追い切りでは坂路で50秒を切る49.6をマークしてラストも11秒台と文句なしの動きを見せて自己ベストを更新。その前走は不甲斐ない競馬とはなりましたが当時とは別の馬と判断していいのではないでしょうか。左回りは2戦2勝と相性も良く、ここ目標のローテーション、調整が功を奏している感もあるだけに当然注目の1頭となってきそうです。

調教評価 A 攻め強化で前走よりも大幅良化
インディチャンプ 栗東坂路 51.6 37.1 24.2 12.4 G前追う 併せ先着
前走のマイラーズカップは4着に終わりましたが、当時の追い切り内容は軽めの調整で時計も遅め。中途半端な仕上がりであったとも推測できる中、今回安田記念へ向けての中間の調整は攻めを強化。2週続けて51秒台をマークして終いの伸び・反応ともに良好。2走前の東京新聞杯は強い内容で勝っているだけに同じ舞台での巻き返しが期待できる仕上がりにあると見ていいのではないでしょうか。まだまだ底を見せていない4歳馬に注目しておく必要がありそうです。

圧倒的1番人気を背負うアーモンドアイについては、最終追い切りだけ見ればコースで81.5 65.2 49.9 37.1 12.2と絶好の時計をマークしているものの、速い時計はこの1本のみ。乗り込み量は十分で力は出せそうですが、絶好調とまではいかないものとも推測されるだけにB評価までとしておきます。逆にサングレーザー・ペルシアンナイトの2頭はこのレース目指して調整もうまくいき、動きもA評価並みの動きは見せていただけにB評価は必要なところでしょう。

それでは今週はこの安田記念で美味しい的中馬券をきっちりと手にしてしまいましょう!

-追い切り
-, , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.