【フラワーカップ2019予想】レース展開と馬券考察 | 本気競馬

【フラワーカップ2019予想】レース展開と馬券考察

スポンサーリンク

yosou_grade

フラワーカップ2019[レース予想]

コントラチェックとジョディーが前走逃げて勝ち上がりだが、徹底ハナは後者の方。コントラチェックは番手追走となりそうだ。ルタンブル、レオンドーロ、フラル、アイリスフィール、メイショウハナグシが好位勢。シャドウディーヴァ、エフティイーリス、ミモザイエロー、エールヴォアなど人気各馬は中団を追走し、マルーンベルズ、ランブリングアレーがその後ろ。平均ペース。

フラワーカップ2019 予想【本命◎ ランブリングアレー】

スローの時計平凡だった新馬戦から一転、2戦目の白菊賞では1分33秒9と大きく時計短縮。これは勝った馬を褒めるべきで、この馬も勝ちに等しい内容だった。母ブルーミングアレーは、フローラステークス(芝2000m)3着など芝1600~2000mで計4勝を挙げた中距離型。この馬も本質的には1800~2000mあたりがベストの感。仕上がりも絶好。

フラワーカップ2019 予想【対抗○ エールヴォア】

アルテミスステークスで0秒3差3着と好走し、前走のエリカ賞では牡馬相手の芝2000mを快勝。牝馬同士のここなら総合力で一枚上。父ヴィクトワールピサ、その父ネオユニヴァースと中山得意の父系。この馬も前走内容が示す通り、コーナー4つのコースが合うタイプ。鞍上にデムーロ騎手を配して、ここは勝負気配。

フラワーカップ2019 予想【単穴▲ ジョディー】

デビュー以来、大きく崩れたのは阪神ジュベナイルフィリーズ16着の1度だけ。しかも当時はスタート後に躓く不利があってのもの。度外視可能だろう。前走のクイーンカップでは、外連味のない逃げで0秒1差の3着。上位2頭は桜花賞でも有力視される馬だけに、内容十分。ここも行く一手。

フラワーカップ2019 予想【特注☆ ミモザイエロー】

前走は勝ち馬が切れすぎただけで、こちらもラスト3F(11.9-10.8-11.1)の流れをしっかりと伸びて2着。後続に4馬身差なら、悲観する内容ではなかった。2走前は4角で他馬と接触する不利を跳ね除けての快勝。父オルフェーヴルなら、当然距離延長も好材料でこの相手でも。

フラワーカップ2019 [馬券考察]

  • 本命◎:10ランブリングアレー
  • 対抗○:7エールヴォア
  • 単穴▲:8ジョディー
  • 特注☆:5ミモザイエロー

波乱指数【40】

能力の上下差がある程度はっきりしている顔ぶれ。穴馬は2~3着までか。

馬券考察

馬券は馬連で、馬番5.7.8.10の4頭BOX。計6点で勝負!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA