地方競馬予想

【第55回 関東オークス (JpnⅡ) 】2019予想 レース展開と馬券考察

2019 関東オークス [レース予想]

中央馬の参戦によりペースが早まりそうな今回の一戦。連勝の期待が高まるトーセンガーネットが地方馬代表だ。浦和所属で桜花賞を見事優勝して臨んだ大井で、プリンセス賞も制した強さはまさに地方に敵なしの印象だ。この馬と中央馬との戦いが焦点と言える一戦で、展開面を考慮すると強敵の撃破も視野に入りそう。2100mの距離を克服して先頭でゴールを駆け抜けるのは・・・。

関東オークス 予想【◎トーセンガーネット】

本命はトーセンガーネット。中央馬が参戦するダートグレードレースで地方馬が勝つためには、素質の高さに加え地の利を活かせる経験が必要だ。同馬は川崎競馬場では一度しか経験を積んでいないが、ゼロではない上、左回りでは3勝を挙げた実績がある。昨年暮れの兵庫ジュニアグランプリでも4着健闘と気を吐いており、距離延長にも対応した前走から今回もこなせそうな余地はある。中距離得意の左海騎手の差しを活かす競馬にも注目だ。

関東オークス 予想【○マドラスチェック】

対抗はマドラスチェック。同馬は牝馬ながら鳳雛ステークスを優勝するなど実力ある馬だが、元々芝でも勝っている通りスピード面では自信がある。今回は初の左回りになるが距離面での不安は無さそうで、鞍上もサウンドトゥルーで地方をよく知る大野騎手が騎乗だ。斎藤厩舎所属馬で大型馬の仕上げもお手のもので、他馬を活かせて番手に控える競馬で最後抜け出しを図りそうだ。

関東オークス 予想【▲ラインカリーナ】

3番手はラインカリーナ。同馬は若手では乗れている武藤雅騎手を背に今回に臨むが、マドラスチェックよりも左回りコースに不安がない馬でもある。大外14番枠からのスタートで序盤はやや忙しそうだが、向こう正面で置かれにくい分粘りやすい展開になるだろう。必ず人気以上に走るのもこの馬の特徴的なところで、注目度よりもその着順で実力を証明しそうだ。

関東オークス 予想【△ローザノワール】

最後はローザノワール。同馬は前走京都競馬で2勝目を挙げての参戦だが、逃げを打たないと持ち味が活きず今回も先手を奪うだろう。こうなると展開的に最内のアークヴィグラスが鍵になるが、このライバルも前走時は逃げて好走しただけにやりあうだろう。持ちタイム自体は速い時計に対応できるだけのものがあるし、3コーナーから自分の形で後続を離すことができれば。

2019 関東オークス [馬券考察]

馬券は馬複。ボックスで、◎~△の計6点で勝負!

関東オークスは6月12日、川崎競馬第11レース、20時10分発走予定

-地方競馬予想
-, , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.