地方競馬予想

【第21回 兵庫ジュニアグランプリ (JpnⅡ) 】2019予想 レース展開と馬券考察

2019 兵庫ジュニアグランプリ [レース予想]

スピードとパワーの両方が問われる兵庫ジュニアグランプリだが、今年も参戦する中央馬はどの馬も強烈だ。中でも前走オキザリス賞で優勝したメイショウテンスイは、4番人気ながら抜け出して長い東京の直線を逃げ切った。スピードに加えスタミナにも見どころのあるタイプだけに、先行する同馬を追いかけるようにペースは速くなると見られる。

兵庫ジュニアグランプリ 予想【◎メイショウテンスイ】

本命はメイショウテンスイ。同馬は先述の通り直線の長い東京で押し切ったが、ツヤのある全体に強化された張りのある筋肉が目を引いた。成長力を感じさせる馬体で大崩れは考えにくいし、鞍上も先日年間100勝を達成した武豊騎手だ。ペース配分や読みが抜群に上手いこの騎手がパートナーなら、多少のペースアップには十分対応可能と見て良いだろう。

兵庫ジュニアグランプリ 予想【○テイエムサウスダン】

対抗はテイエムサウスダン。同馬は前走なでしこ賞で重馬場の中1馬身突き抜けたが、タイムも1分23秒6という優秀な走破時計。父サウスヴィグラスでグランド牧場生産という血統からは、地方の力の要る舞台が益々活躍を後押ししそうだ。鞍上のM.デムーロ騎手はエージェントを変えて成績が落ちたが、それだけに少しでも活躍を見せておきたいところでもある。ここは騎手の勝負気配も含めて対抗に推しておきたい。

兵庫ジュニアグランプリ 予想【▲ファシネートゼット】

3番手はファシネートゼット。同馬はノーザンファーム生産のスピードが武器のタイプだが、ここまでデビューから2戦2勝と危なげなく勝ち上がってきた。前走のプラス10kgも結果を見れば成長分は明らかで、この時期急激に力をつけるヘニーヒューズ産駒らしいタイプだ。外目の枠から内に切れ込んで中央馬との睨み合いだろうが、先行得意の松若騎手なら問題なくゴールへ伸びるだろう。

兵庫ジュニアグランプリ 予想【△ゲンパチマイティー】

最後はゲンパチマイティー。父スマートファルコンに母ネームバリューという血統の同馬だが、地方重賞で大活躍した両親の遺伝子が光る一頭だ。まだ未勝利を勝ったばかりだが東京のマイルを逃げ切っており、馬格からもこの距離への短縮はむしろプラスとも捉えられる。鞍上の蛯名騎手は調教師への転身で騎手時代も僅かで、そのキャリアの集大成を発揮する騎乗にも注目したい。

2019 兵庫ジュニアグランプリ [馬券考察]

馬券は馬複。ボックスで◎~△の計6点で勝負!

兵庫ジュニアグランプリは11月27日

園田競馬第10レース、15時50分発走予定

-地方競馬予想
-, , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.