地方競馬予想

【第19回 兵庫ゴールドトロフィー (JpnⅢ)】2019予想 レース展開と馬券考察

2019 兵庫ゴールドトロフィー [レース予想]

出走する中央馬に勢いがなく混沌ムードの当レースだが、3歳世代で力を示したデュープロセスの名前もあがる今回。短距離ダート界の今後を占う上での重要な一戦だ。地方馬では高知の名馬サクラレグナムの参戦も見られるが、10歳の年齢を考えると簡単に飛びつくこともできない。また最初の直線の長いコース形態を頭に入れるとなると、スタート直後の争いが緩そうな今回狙いの馬がいるが・・・。

兵庫ゴールドトロフィー 予想【◎ラブバレット】

本命はラブバレット。今回最内1番枠を引いて先行するであろう同馬だが、明確な逃げ馬が存在せずペースはあまり速くならなそう。前走勝ちに加え地方の短距離戦では安定している同馬の、老獪な粘り込みに期待して一票を投じたい。騎手も岩手所属時分の相棒の山本騎手が騎乗予定で、この点も力を発揮するには楽しみの大きいところ。16勝を挙げている右回りでハンデ55kgであれば。

兵庫ゴールドトロフィー 予想【○デュープロセス】

対抗はデュープロセス。現在3歳でメンバー中、最も若い力である同馬だが、ユニコーンステークスではワイドファラオにタイム差なしの2着。この実績からも能力の高さは申し分ないところだが、ここ2走は古馬と戦って馬券圏内には飛び込めていない。ただ馬体的に距離はマイルよりも1400mの方が無難で、小回りも問題はなさそうなだけに前進要素は多いと見る。短距離得意のチーム・ゴドルフィンであっさりの結果も想定しておく。

兵庫ゴールドトロフィー 予想【▲ノボバカラ】

3番手はノボバカラ。同馬は前走8番人気でJBCスプリント4着だが、7歳でもまだまだこのカテゴリーで進展を見せるに至っている。特に4コーナーでポジションを押し上げて走った前走の競馬からは、同馬が持つ短距離向きのスタミナを感じさせるには十分だ。吉村騎手とは初コンビだが、左右の回りも関係ないタイプで、乗り難しい印象もないので別段問題ないだろう。兵庫の名手の手腕にも期待だ。

兵庫ゴールドトロフィー 予想【△ランスオブプラーナ】

最後はランスオブプラーナ。正直ダメ元感を覚えるような戦績が続く同馬ではあるが、今年毎日杯を制したれっきとした芝の重賞ウィナーだ。皐月賞後の不振も調整の失敗はあまり感じられないのだが、それだけに買うなら初ダートの今回をいきなり狙ってみたい。騎手も先行してしぶとい松山騎手の騎乗と言うこともあり、セオリーどおりの外枠先行有利なこのコースを活かし切れば。

2019 兵庫ゴールドトロフィー [馬券考察]

馬券は馬複。ボックスで◎~△の計6点で勝負!

兵庫ゴールドトロフィーは12月27日

園田競馬第10レース、16時00分発走予定

-地方競馬予想
-, , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.