予想オッズ

【紫苑ステークス】2019 予想オッズ/出走予定馬短評

紫苑ステークス2019 [出走予定馬短評]

夏競馬の終わりとともに秋のクラシックへ向けて本格的な戦いがスタートする第4回紫苑ステークス。4年前に重賞に昇格して以降、ヴィブロスやディアドラがここでの好走を契機に秋華賞を制しており、本番との関連性が年々高まっている重要な1戦。今年はオークス2着のカレンブーケドールが人気の中心となり、夏の上がり馬たちがこの馬にどこまで迫れるかという構図になっている。

紫苑ステークス2019 予想オッズ/カレンブーケドール(2.3倍)

前走・優駿牝馬(G1)は、12番人気の低評価だったが直線半ばで堂々先頭に立つ見せ場たっぷりの2着。距離延長で持ち味を発揮しており、今後の中長距離戦が楽しみになる好内容。脚質に自在性があり、掲示板を外したことのない安定感も魅力。中山コースは初勝利を挙げた相性の良い舞台でもあり、初重賞制覇へ向けて視界良好。オッズは、2倍から3倍台が予想される。

紫苑ステークス2019 予想オッズ/レッドベルディエス(4.8倍)

前走・織姫賞(1勝クラス)では、中団待機から直線鮮やかな差しきり勝ち。完全に前残り展開の厳しい流れから古馬撃破しており、着差以上に強い内容。2月クイーンC(G3)5着などもともと高い能力を備えていたが、春先にしっかり成長期間を取ったことで着実に地力強化。今回メンバー屈指の上がり馬として、重賞でも勝ち負けに加わってくるはず。オッズは、4倍から6倍台が予想される。

紫苑ステークス2019 予想オッズ/フィリアプーラ(7.4倍)

春のクラシックでは桜花賞(G1)15着&優駿牝馬(G1)10着と苦汁を味わったが、まだ馬が成長途上の部分も大きくこの2戦で評価を落とすのは早計。今回の中山コースは重賞制覇を含む2戦2勝と舞台適性ならメンバー屈指。中間追切でも軽快な動きを披露しており、成長力のあるハービンジャー産駒だけに秋初戦でどんな走りをするか期待は膨らむ。オッズは、5倍から8倍台が予想される。

紫苑ステークス2019 [狙い目となる穴馬は?]

狙い目はアップライトスピン。4ヵ月ぶりの復帰戦となった前走では、4角先頭に並びかける積極的なレース運びからラスト3F33.7の末脚で突き抜ける完璧な内容。初の中山参戦になるが、好位先行脚質で操縦性に長けたタイプなので、むしろ強さを発揮できる可能性が高い。春と比較しても明らかに力強い走りをしており、今の充実具合なら重賞挑戦も楽しみが大きい。

-予想オッズ
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.