予想オッズ

【プロキオンステークス】2019 予想オッズ/出走予定馬短評

プロキオンステークス2019 [出走予定馬短評]

秋の大舞台への飛躍を狙う実力馬が集結した第23回プロキオンステークス。昨年はマテラスカイがダート1400m日本レコードをマークする衝撃的なレースだったが、今年も昨年の1・3着馬が揃って参戦。実力伯仲のハイレベルはメンバー揃っており、今後この路線に影響を与える注目の1戦。オッズも、この2頭を中心に上位拮抗となってきそうな雰囲気がある。

プロキオンステークス2019 予想オッズ/マテラスカイ(3.0倍)

昨年このレースを日本レコードで圧勝しており舞台適性は文句なし。その後はG1で1番人気に支持されるも、未勝利が続く足踏み状態。とはいえ、前走・ドバイゴールデンシャヒーン(G1)で強敵相手に2着と改めて能力の高さを示し上昇ムード。1週前追切でも抜群の時計を出しており、得意舞台で1年ぶりの復活勝利なるか注目が集まる。オッズは、2倍から3倍台が予想される。

プロキオンステークス2019 予想オッズ/サンライズノヴァ(4.5倍)

前走・さきたま杯(G2)は、勝負所で追走に手間取り4着どまり。ただ小回り適性がなかったと割り切れる敗戦でもあり、評価を落とす内容ではない。抜群の東京適性が示すように、直線が長い左回り中京なら巻き返し必至。中央G1でも人気を集めるほどの実力馬ゆえ、この相手関係ならあっさり勝たれても驚きはない。オッズは、4倍から6倍台が予想される。

プロキオンステークス2019 予想オッズ/ウインムート(6.8倍)

近走では、G1参戦を含むダート短距離重賞に連続で参戦して着実に地力強化。特に前走・さきたま杯(G2)はハナをきって上がり最速をマークする盤石の内容で重賞2勝目をあげており、完全に馬が本格化を迎えた様子。脚質にも自在性がでて安定感が増しており、今の充実度なら昨年3着のリベンジを狙える状態にある。オッズは、6倍から8倍台が予想される。

プロキオンステークス2019 [狙い目となる穴馬は?]

狙い目はアルクトス。今年は休み明けからオアシスS(L)・欅S(OP)と連勝を飾る充実ぶり。内容面でも着差以上の完勝が続いており、遅咲きの血が開花し始めた印象。マイル以下のダートでは【6.1.0.0】と抜群の距離適性を示しており、まだ底を見せていないのも魅力十分。重賞挑戦で一気に相手強化されたが、ここでも勝ち負けできる可能性を秘めている。

-予想オッズ
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.