予想オッズ

【新潟記念】2019 予想オッズ/出走予定馬短評

新潟記念2019 [出走予定馬短評]

サマー2000シリーズの最終戦として夏の新潟開催の締めくくる伝統のハンデ重賞・新潟記念。昨年はブラストワンピースがこのレースでの勝利をきっかけに有馬記念を制しており、今年もそれに続く出世馬が現れるか。今年は将来性豊かな良血馬からG1実績のある馬まで幅広い構成となっており、例年以上にハイレベルなメンバー構成。上位人気は、良血のレイエンダやフランツが中心になって形成されてきそう。

新潟記念2019 予想オッズ/レイエンダ(2.8倍)

前走・エプソムC(G3)は、道中2番手の絶好位から直線メンバー最速の脚でまとめる完勝劇。相手関係に恵まれたとはいえ盤石の内容で初重賞制覇を飾っており、2歳時から期待され続けた良血馬が上昇気流に乗ってきた。全兄レイデオロは古馬になってもG1制覇したように成長力がある血統。重賞連勝で秋のG1戦線に有力馬として参戦できるか、今回は試金石の1戦となる。オッズは、2倍から3倍台が予想される。

新潟記念2019 予想オッズ/フランツ(4.9倍)

前走・むらさき賞(1600万下)は、完全に前残りの流れのなか4角9番手の厳しい位置からから鮮やかに差し切る強い内容。高速馬場だったといえ走破タイムも重賞勝ちできる時計で、昇級戦も即通用する可能性は高い。立場的には準OPを勝ったばかりでハンデ戦という要素もプラス材料。今回あっさり初重賞制覇を飾るようなら、秋のG1戦線でも楽しみになる能力を秘めている。オッズは、3倍から5倍台が予想される。

新潟記念2019 予想オッズ/ユーキャンスマイル(7.5倍)

菊花賞3着&天皇賞春5着の実績馬で、4戦連続3000m超のレースに出走している現役屈指のステイヤー。とはいえ、5走前の阿賀野川特別では中距離の新潟で強い勝ち方をしており、左回りの2000mは十分に許容範囲。昨年秋以降の充実ぶりは目を見張るものがあり、近走から相手関係が楽になった今回はたとえトップハンデでも好走必至か。オッズは、5倍から8倍台が予想される。

新潟記念2019 [狙い目となる穴馬は?]

狙い目はショウナンバッハ。昨年の新潟記念では12番人気の低評価を覆す3着好走。他にも8走前・中日新聞杯(G3)2着など、直線の長い左回りでは定期的に人気薄で激走しており今回は絶好の走りごろ。近走エプソムC(G3)4着と8歳になっても能力は維持しており、有力馬が牽制しあう激しい展開の競馬になれば、直線一気で昨年の再現もありえる。

-予想オッズ
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.