予想オッズ

【アンタレスステークス】2019予想 予想オッズ/出走予定馬短評

アンタレスステークス2019 [出走予定馬短評]

マイルから中距離路線にわたる古馬ダート有力馬が集結した第24回アンタレスステークス。歴代の勝ち馬に後のG1ホースの名が多数並んでおり、今後のダートG1戦線への影響も大きいレース。今年の中心はウェスタールンドとグリムの2頭。とはいえ、どちらも絶対的な存在ではなく、多くの出走馬にチャンスのある激戦ムードが漂っている。

アンタレスステークス2019 予想オッズ/ウェスタールンド(3.4倍)

前走・チャンピオンズC(G1)は、道中最後方から直線鮮やかにインをつき2着好走。メンバー唯一ラスト3F34秒台という驚異的な末脚を繰り出しており、G1級の能力を示した。昨年夏のダート転向後は抜群の砂適性を示しており、崩れたのは距離不足だった武蔵野S(G3)7着のみ。重賞好走歴もある阪神中距離なら末脚不発は考えにくく、初重賞制覇は目前に迫っている。オッズは、2倍から4倍台が予想される。

アンタレスステークス2019 予想オッズ/グリム(3.6倍)

近走は4戦連続交流重賞に出走して【2.1.1.0】の好成績。地方とはいえ負かした相手にはミツバやアポロケンタッキーなど中央の古豪も多数含まれており、今年この路線で飛躍が期待される4歳馬。レパードS(G3)制覇を筆頭に既に重賞3勝、実績面では今回出走メンバーで頭1つ抜けた存在。先行力を活かせる展開に持ち込めば、勝ち負けする可能性は高い。オッズは、3倍から5倍台が予想される。

アンタレスステークス2019 予想オッズ/テーオーエナジー(6.9倍)

前走・マーチS(G3)は、道中つつかれスタミナを消費し勝負所で早々と手応えを失い10着大敗。ここ2走は1番人気を裏切る結果が続いているが、終始マークされる展開となっており言い訳の余地はある。揉まれ弱い面はあるが、OP特別を連勝時のようなスムーズな競馬ができれば重賞を勝てる実力は十分。オッズは、6倍から8倍台が予想される。

アンタレスステークス2019 [狙い目となる穴馬は?]

狙い目はナムラアラシ。2走前・アルデバランS(OP)は、直線上がり最速をマークして2着好走。ここ1年近くは馬券に絡めない苦しい時期が続いたが、ようやく末脚の切れ味が戻り復調の兆しが出てきた。もともとは昨年このレースでは2番人気に支持されたほどの実力馬。不器用な脚質で展開に左右される一面はあるが、人気の盲点となる今回は買い時とみる。

-予想オッズ
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.