予想オッズ

【中山牝馬ステークス 2019 予想オッズ】

中山牝馬ステークス2019 [出走予定馬短評]

古馬牝馬の春の中距離戦線において重要な1戦となる中山牝馬ステークス。今年は幅広い世代から粒ぞろいのメンバーが登録しており、例年以上に層は厚い。なかでも、G1馬アドマイヤリードや強い4歳世代ミッキーチャームなど初顔合わせの組み合わせも多く、注目度の高いレースとなっている。

中山牝馬ステークス2019 予想オッズ/ミッキーチャーム(2.7倍)

前走・秋華賞(G1)は、絶妙なペースでに逃げを打ちを直線でも見せ場十分の2着。アーモンドアイさえいなければ強い秋華賞馬になれたであろう堂々たる内容。昨夏の3連勝以後は、馬が見違えるほど成長力で完全に本格化した様子。3冠牝馬不在となる今年の古馬牝馬路線なら、間違いなく主役候補に挙げられる1頭。オッズは、2倍台が予想される。

中山牝馬ステークス2019 予想オッズ/ノームコア (3.8倍)

前走・愛知杯(G3)は、従来の好位先行とは異なり後方待機の競馬。そこからラスト3 F33.5の抜群の瞬発力を使って僅差の2着好走。昨年エリザベス女王杯(G1)5着実績は伊達ではなく、牝馬限定重賞ならどんな展開でも通用する状態。主戦騎手の騎乗停止はやや気がかりだが、今の充実度なら凡走する姿は考えにくい。オッズは、3倍から4倍台が予想される。

中山牝馬ステークス2019 予想オッズ/フロンテアクイーン(7.4倍)

昨年このレースの2着馬が今年も参戦。前走・ターコイズS(G3)は、先行勢に厳しい流れのなか4着で踏ん張った評価できる走り。昨年G1挑戦などで連続複勝圏は7戦で途絶えてしまったが、その安定感は目を見張るものがある。1週前追切も順調そのもので軽快な動きを披露。乗り方や展開次第で昨年以上の結果も十分にありえる。オッズは、5倍から8倍台が予想される。

中山牝馬ステークス2019 [狙い目となる穴馬は?]

狙い目はデンコウアンジュ。ここ2走はいずれもラスト3F最速をマークしており、好調時の切れ味が戻ってきた。当初は末脚一辺倒で東京巧者のイメージが強かったが、年齢を経て小回りコースでも対応できる柔軟性を身に着け、中山・福島で3戦連続3着以内を継続。前走3着がフロック扱いで人気が上がらないようなら、積極的に狙ってみたい存在。

-予想オッズ
-, , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.