予想オッズ

【京都大賞典】2019 予想オッズ/出走予定馬短評

京都大賞典2019 [出走予定馬短評]

ジャパンカップや有馬記念へのステップレースとして、長距離路線の有力馬が始動戦に選ぶことの多い京都大賞典。近年では中距離志向が強く手薄な面子になることも多かったが、今年はG1制覇を狙える実力馬が揃い踏み。例年以上に注目度の高いメンバーが揃っており、秋のG1戦線を占ううえでも見逃せない1戦となっている。

京都大賞典2019 予想オッズ/グローリーヴェイズ(3.2倍)

前走・天皇賞春(G1)は、直線でフィエールマンとのマッチレースを演じてクビ差2着。3着以下を6馬身以上突き放している内容から、この馬も長距離路線ではいつG1を勝っても不思議でない実力馬。中間も早めに目標をここに定め、調整過程は順調そのもの。同世代のライバルたちが凱旋門賞で不在のなか、国内のこの路線で主役を担うのはこの馬かもしれない。オッズは、3倍から5倍台が予想される。

京都大賞典2019 予想オッズ/エアウィンザー(3.8倍)

前走・大阪杯(G1)では、ゴール直前まで上位争いに加わり5着善戦。敗れたとはいえG1ホースたちと互角以上の走りを披露しており、トップクラスに通用する地力を示した価値ある内容。昨年下半期から著しい成長を遂げており、今秋はG1奪取へ向け飛躍の時期。初2400m挑戦が課題となるが、今の充実具合ならあっさり克服しそうな期待感がある。オッズは、3倍から5倍台が予想される。

京都大賞典2019 予想オッズ/エタリオウ(4.7倍)

前走・宝塚記念(G1)では、勝負所から早々と脱落して9着。初めて掲示板を外す大敗を喫したが、乗り難しい馬だけにテン乗り&距離不足と敗因は明らか。今回は幾度となく好走した得意の京都に舞台を戻し巻き返しの1戦。成長力のある血統背景なだけに、最強の1勝馬が4歳にして実りの秋を迎えるか要注目の復帰戦。オッズは、3倍から5倍台が予想される。

京都大賞典2019 [狙い目となる穴馬は?]

京都大賞典2019/ノーブルマーズ

京都での走りが最も安定しているコース巧者。昨年の宝塚記念(G1)3着など強敵相手にも意外性のある走りができるタイプゆえ、好位先行でロスなく立ち回ればここでも上位進出可能。

京都大賞典2019/レノヴァール

2走前・烏丸S(1600万下)で今回と同じ京都芝2400mを強い内容で完勝。前走は洋芝が合わず5着も勝ち馬から0.2秒差に踏ん張った。展開面の後押しがあれば、重賞で波乱を起こせる地力をつけている。

-予想オッズ
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.