予想オッズ

【神戸新聞杯】2019 予想オッズ/出走予定馬短評

神戸新聞杯2019 [出走予定馬短評]

3着までの馬に菊花賞の優先出走権が与えられ、本番への最重要トライアルレースに位置づけられる神戸新聞杯。近年の勝ち馬を見てもレイデオロ・サトノダイヤモンドなどそうそうたる名馬が並んでおり、菊花賞だけでなく今後のG1戦線を占ううえでも要注目の1戦。今年は皐月賞の1・2着馬が秋初戦から激突し、2強ムードのオッズになってきそうな雰囲気がある。

神戸新聞杯2019 予想オッズ/サートゥルナーリア(2.0倍)

前走・東京優駿(G1)は、4角11番手から先頭に迫るもラスト1Fで失速して馬券外となる4着。血統的に距離延長を敗因としがちだが、スタートで後手を踏み外々を回されたことを考慮すれば、この1戦のみで2400m適性がないと評価するのは早計か。休み明けで皐月賞を制しているように鉄砲実績は文句なし。鞍上もルメール騎手に戻してきた今回は巻き返し必至。オッズは、2倍台が予想される。

神戸新聞杯2019 予想オッズ/ヴェロックス(2.2倍)

前走・東京優駿(G1)は、直線で長く良い脚を使い3着好走。重賞未勝利ながらクラシック2冠で見せ場十分の勝ち負けを演じており、世代トップクラスの能力があるのは明白。血統的にも距離延長は歓迎で、芝2400mへの距離適性なら皐月賞馬以上に分がある。悲願の初重賞制覇を飾り、菊花賞へ本命馬として駒を進めるか要注目。オッズは、2倍台が予想される。

神戸新聞杯2019 予想オッズ/ワールドプレミア(9.5倍)

前走・若葉S(L)では、ヴェロックスに次ぐ2着好走。クラシック戦線での活躍が期待された良血馬だが、その後はソエを発症し大事をとって春全休。中間の成長力は未知数だが、負かした馬たちの活躍から重賞級の能力は当然にある。阪神芝2400mはディープインパクト産駒が良績を残しており、今回メンバー唯一の同産駒なのも買い要素。オッズは、7倍から10倍台が予想される。

神戸新聞杯2019 [狙い目となる穴馬は?]

狙い目はキタサンバルカン。前走・出雲崎特別(1勝クラス)は、苦手な瞬発力勝負になってしまい4着惜敗。クラス的には1勝馬だが、稍重で行われた青葉賞(G2)で4着善戦しており、上がりのかかる展開になれば重賞で上位争いできる地力はある。最低着順4着と相手なりに走れる堅実さがあり、2400mの距離経験も豊富。雨で馬場が渋るようなら、馬券内に飛び込んでくる場面もありえる。

-予想オッズ
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.