予想オッズ

【府中牝馬ステークス】2019 予想オッズ/出走予定馬短評

府中牝馬ステークス2019 [出走予定馬短評]

1着馬にエリザベス女王杯の優先出走権が与えられる府中牝馬ステークス。今年はG1ホース2頭に加え一昨年の勝ち馬クロコスミアも登録しており、本番へ向けて関連性が高そうなメンバー構成。特にラッキーライラックやプリモシーンは今年に入り強豪牡馬相手にも好走しており、この2頭を中心に上位人気が形成されてきそうな雰囲気がある。

府中牝馬ステークス2019 予想オッズ/プリモシーン(2.9倍)

今年3戦は全てマイル重賞に出走して【0.2.1.0】と好調を維持。特に2走前・ヴィクトリアマイル(G1)は、直線際立った末脚で勝ち馬を強襲しクビ差2着とG1制覇まであと1歩に迫った。1週前調教も馬なりで好時計を出しており、中間過程は順調そのもの。悲願のG1制覇に向けて秋初戦でどんな走りをしてくれるか期待が膨らむ。オッズは、2倍から4倍台が予想される。

府中牝馬ステークス2019 予想オッズ/ラッキーライラック(3.7倍)

前走・ヴィクトリアマイル(G1)は、1番人気に支持させるも直線での切れ味勝負に屈して4着。3歳春以降は勝利から見放されているが、それでも中山記念(G2)2着など強敵相手に好勝負を演じており、牝馬限定重賞なら格上の存在感がある。中間もCWで軽快な動きを見せており調整は万全。スムーズに前々で折り合う位置取りができれば、力でねじ伏せる展開になる可能性も高い。オッズは、3倍から5倍台が予想される。

府中牝馬ステークス2019 予想オッズ/カンタービレ(8.5倍)

前走・ヴィクトリアマイル(G1)では、見せ場なく勝ち馬から2.0秒差の18着。ただ春の牝馬路線では適鞍がなく、やむなくマイル路線を歩んだため言い訳のきく敗戦。昨年秋華賞(G1)3着実績に加え、芝1800mは重賞2勝を挙げているベストの舞台。実績面&能力面でも今回のメンバーなら上位に位置づけられ、近走から一変した走りが期待できる。オッズは、6倍から9倍台が予想される。

府中牝馬ステークス2019 [狙い目となる穴馬は?]

府中牝馬ステークス2019/スカーレットカラー

今夏は重賞連戦で僅差の競馬をして馬券対象になっており、急成長を遂げている1頭。特にクイーンS(G3)では、ミッキーチャームをクビ差まで追い詰める猛追で見せ場たっぷりの内容。東京コースは2歳時以来の参戦となるが、本格化した現状なら脚質的にハマる可能性も大。鞍上・岩田騎手との相性も良く、直線一気で初重賞制覇を飾る場面も十分にありそう。

府中牝馬ステークス2019/ランドネ

近走は大きな着順が目立っているが、それは右回りコースでの話。左回りではオークス11着を除けば【1.1.1.0】と安定感のある典型的なサウスポー。特に4走前・愛知杯(G3)では、差し追い込み勢が上位着順を占める厳しい展開のなか、果敢にハナをきって3着に粘り込む見どころのある走り。重賞でも通用する先行力があるのは証明済みで、東京替わりと人気落ちが予想される今回は馬券的に狙い目。

-予想オッズ
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.