予想オッズ

【皐月賞】2019予想 予想オッズ/出走予定馬短評

皐月賞2019 [出走予定馬短評]

牡馬クラシックロードの開幕を告げる1冠目、第79回皐月賞。例年なら本番に直結する弥生賞&スプリングSが共に波乱決着となったことで、この世代の牡馬クラシック戦線はますます混沌としている状態。オッズ的には、昨年2歳G1を制した2頭が中心。そこに無敗馬ダノンキングリーやヴェロックスが絡んでくる構図となってくる。

皐月賞2019 予想オッズ/サートゥルナーリア(2.1倍)

前走・ホープフルS(G1)は、好位先行からメンバー最速の脚でまとめる完璧な走りで勝利。これで新馬戦から無敗の3連勝、いずれもまだ目一杯走ってない余力残しでその実力は計り知れない。ホープフルSから皐月賞直行はレイデオロでも5着に敗れている鬼門ローテだが、この馬の潜在能力ならあっさり克服するかもしれない。オッズは、2倍台が予想される。

皐月賞2019 予想オッズ/アドマイヤマーズ(4.9倍)

昨年は4連勝で朝日FS(G1)を制し、最優秀2歳牡馬に輝いた実力馬。前走・共同通信杯(G3)では初黒星を喫したが、休み明け初遠征&距離延長で完全マークされる展開のなか0.2秒差の2着なら及第点の内容。一度使われた上積みに加え、先行力が活かせる中山に替わるなら前進必至。2000mに対応できれば1冠奪取も近い存在。オッズは、4倍から6倍台が予想される。

皐月賞2019 予想オッズ/ダノンキングリー(5.6倍)

前走・共同通信杯(G3)では、ラスト3F32.9の瞬発力で逃げるアドマイヤマーズを差しきる会心の内容。これで戦績は3戦3勝。どの位置からでも勝負所で良い脚を使えており、展開不問のレースセンスが魅力。相手関係が一気に強化されたが未知数な部分の期待も大きく、戸崎騎手の2年連続皐月賞制覇も視野に入っている。オッズは、4倍から6倍台が予想される。

皐月賞2019 [狙い目となる穴馬は?]

狙い目はメイショウテンゲン。前走・弥生賞(G2)1着は道悪が味方したと評価されているが、中山不向きと見られた同馬が本番と同じこの舞台で結果を残した意義は大きい。3走前・未勝利戦を規格外のパフォーマンスで勝ったように、ハマった時の走りはG1でも通用する大物感がある。弥生賞がフロック視され、それほど支持を集めそうにない今回は馬券妙味あり。

-予想オッズ
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.