予想

【弥生賞ディープインパクト記念】2020予想レース展開/馬券考察。買い目も公表中

弥生賞ディープインパクト記念2020[レース予想]

パンサラッサ、ウインカーネリアンがハナ候補だが、競り合いはなく、すんなり隊列が決まってのスロー~平均。オーソリティ、オーロアドーネ、ディヴィナシオンが好位。ワーケア、サトノフラッグが中団を進み、その後ろからアラタ、エンデュミオン、メイショウボサツ。ブラックホールは札幌2歳S同様、後方でリズム重視。先行勢の残り目に要注意。

弥生賞ディープインパクト記念2020 予想【本命◎ ブラックホール】

レース運びは文句なしだったホープフルSだが、優等生すぎる競馬が合わなかったか。今回は札幌2歳S同様、後方でじっくりと脚を溜める作戦。父ゴールドシップと同じく、少し大雑把なぐらいの競馬の方が合う可能性もあり、反発心こそがこの血統の特徴。まだ見限れない。

弥生賞ディープインパクト記念2020 予想【対抗○ ワーケア】

ホープフルSは勝ち馬コントレイルが強すぎたこともあるが、スタート直後の接触も堪えた。それでも最後はしっかりと脚を伸ばして、2着ヴェルトライゼンデとは0秒3差だけ。この馬も間違いなく、能力は優にGI級だろう。舞台も2度目、クラシックの権利を取りたい。

弥生賞ディープインパクト記念2020 予想【単穴▲ サトノフラッグ】

新馬戦は6着と敗退したが、折り返しの未勝利戦をレコード快勝。続く1勝クラスも楽勝し、今年から父の名前を冠したここへ駒を進めてきた。時季、馬場状態の違いもあるが、前走の勝ち時計はホープフルSと互角の計算。勢力図を一気に塗り替えてしまう可能性も秘めている。

弥生賞ディープインパクト記念2020 予想【特注☆ ウインカーネリアン】

新馬戦がワーケアの2着で、芙蓉Sもオーソリティの2着。未だ1勝馬だが、ここに入っても十分通用の素質は秘めている。前走のセントポーリア賞は久々+直線の長い東京コース。叩き台を割り切れる一戦で、今回は先行力が生かせる中山コース。パンサラッサとのハナ争いを制せば。

弥生賞ディープインパクト記念2020 [馬券考察]

  • 本命◎:5ブラックホール
  • 対抗○:8ワーケア
  • 単穴▲:1サトノフラッグ
  • 特注☆:6ウインカーネリアン

波乱指数【30】

GI3、5着馬が出走。力関係が明確な顔ぶれともいえ、波乱は見込めない。

馬券考察

馬券は馬連で、馬番5から1.6.8へ計3点で勝負!

-予想
-, , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.