予想

【共同通信杯】2020予想レース展開/馬券考察。買い目も公表中

共同通信杯2020[レース予想]

頭数が少なく、逃げ馬も不在。押し出される形でシコウ、芝に適性があれば川崎から遠征のエンがハナを切ることも想定されるが、いずれにしてもスロー~平均。瞬発力が求められる展開だろう。注目マイラプソディは好位からジワっと進出。それを目がけてダーリントンホール、ビターエンダー、フィリオアレグロが急追。

共同通信杯2020 予想【本命◎ マイラプソディ】

新馬→特別→重賞と3連勝。いずれも完成途上を思わせる内容だっただけに、まだまだ上積みが見込める。今回のテーマは、左回りをどうこなすかだが、右回りでは手前を替えずにモタモタしているだけに、むしろ合う公算が高く、父ハーツクライは東京巧者がズラリ。新たな一面を見せてくれる可能性も大いにある。無傷の4連勝でクラシックへ。

共同通信杯2020 予想【対抗○ ダーリントンホール】

札幌2歳Sでは包まれ通しで、完璧に脚を余しての3着。それだけに自己条件の前走は勝っておきたったが、当時は久々で仕上がり途上。時計もこの馬には速すぎた印象もあり、3着でも悲観する内容ではなかったか。今回は中間から熱心に併せ馬もこなし、気合いも注入。広いコースも歓迎で、改めて注目の一戦に。

共同通信杯2020 予想【単穴▲ ビターエンダー】

京成杯は4番人気4着。上位勢とは決め手の差が出てしまった印象だが、当時は久々で12キロ増。余裕残しの体つきだった点は否めず、及第点といったところか。今回は使われての上積みが見込めるし、東京コースも強い勝ちっぷりだった2走前と同じ舞台。上位争いは十分可能とみる。

共同通信杯2020 予想【特注☆ エン】

川崎で鮮やかな2連勝。新馬戦は後続に9馬身差、相手が上がった前走も3馬身の快勝だった。南半球産でこれから成長していくタイプだが、現時点でもかなりの素質を感じさせるし、父タヴィストックは宝塚記念2着のワーザーと同じ。血統的には芝に不安はないどころか、むしろ+の可能性の方が高い。前々で主導権を握れるようなら、スイスイと残り目があっても。ちなみに今年行われた3歳重賞全4レースは、すべて1番枠が勝利している。

共同通信杯2020 [馬券考察]

  • 本命◎:8マイラプソディ
  • 対抗○:6ダーリントンホール
  • 単穴▲:2ビターエンダー
  • 特注☆:1エン

波乱指数【20】

クラシックの中心となりそうなマイラプソディ。ここは勝ちっぷり焦点。

馬券考察

馬券は馬連で、馬番8から1.2.6へ計3点で勝負!

-予想
-, , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.