データ分析

【クイーンカップ(G3)】2020 過去10年データ分析レース傾向 予想

第55回 クイーンカップ(G3) 2020

2020/2/15(日)東京競馬場で行われるのは、第55回クイーンカップ(芝1600m)。過去の勝ち馬にはホエールキャプチャ、ヴィルシーナ、メジャーエンブレム、クロノジェネシスなど後のG1馬がズラリ。桜花賞はもちろん、行く行くまで注目となる一戦であると言えます。ではまずは過去10年のおさらいから。

クイーンカップ 2020 データ分析予想

クイーンカップ データ [枠/馬番/脚質別の傾向]

6番枠、9番枠から4勝ずつと、かなり偏った数字に。4、7、9番枠は一度も馬券に絡んでいません。脚質別は大差なし。

枠番別の傾向

枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1枠 0 3 1 14 0% 17% 22%
2枠 0 1 3 15 0% 5% 21%
3枠 4 1 1 12 22% 28% 33%
4枠 0 0 1 18 0% 0% 5%
5枠 3 1 2 13 16% 21% 32%
6枠 0 3 1 15 0% 16% 21%
7枠 0 1 2 16 0% 5% 16%
8枠 3 0 0 17 15% 15% 15%

馬番別の傾向

馬番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1番 0 0 1 9 0% 0% 10%
2番 0 3 1 6 0% 30% 40%
3番 0 0 2 8 0% 0% 20%
4番 0 2 1 7 0% 20% 30%
5番 0 0 0 9 0% 0% 0%
6番 4 1 1 4 40% 50% 60%
7番 0 0 0 10 0% 0% 0%
8番 0 0 0 10 0% 0% 0%
9番 4 0 1 5 40% 40% 50%
10番 0 1 1 7 0% 11% 22%
11番 0 1 1 7 0% 11% 22%
12番 0 1 1 7 0% 11% 22%
13番 0 0 0 9 0% 0% 0%
14番 0 1 1 7 0% 11% 22%
15番 2 0 0 7 22% 22% 22%
16番 0 0 0 8 0% 0% 0%
17番 0 0 0 2 0% 0% 0%

脚質別の傾向

脚質 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
逃げ 1 0 3 6 10% 10% 40%
先行 5 1 1 31 13% 16% 18%
差し 4 5 4 41 7% 17% 24%
追込 0 4 3 42 0% 8% 14%

クイーンカップ データ [単勝人気馬の傾向]

過去10年のクイーンカップにおける単勝人気別の成績を見てみると、1番人気が5勝6連対、2番人気が3勝4連対、3番人気が1勝4連対と上位人気勢が堅実。

単勝人気 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1番人気 5 1 1 3 50% 60% 70%
2番人気 3 1 3 3 30% 40% 70%
3番人気 1 3 0 6 10% 40% 40%
4番人気 1 0 1 8 10% 10% 20%
5番人気 0 3 1 6 0% 30% 40%
6番人気 0 0 2 8 0% 0% 20%
7番人気 0 1 2 7 0% 10% 30%
8番人気 0 0 1 9 0% 0% 10%
9番人気 0 0 0 10 0% 0% 0%
10番人気 0 1 0 8 0% 11% 11%
11番人気 0 0 0 9 0% 0% 0%
12番人気 0 0 0 9 0% 0% 0%
13番人気 0 0 0 9 0% 0% 0%
14番人気 0 0 0 9 0% 0% 0%
15番人気 0 0 0 9 0% 0% 0%
16番人気 0 0 0 7 0% 0% 0%

クイーンカップ データ [払戻金別の傾向]

上位人気勢が堅実で、馬連万馬券は0回。波乱は見込み薄。(13年は3着同着)

開催年 上位3頭の人気 馬連払戻金 3連複払戻金 3連単払戻金
2010年 1-10-2人気 6240円 6970円 45020円
2011年 2-5-4人気 2620円 6440円 27200円
2012年 2-1-6人気 810円 4580円 18150円
2013年 4-3-2・8人気 2340円 1260円 7270円 10370円 41960円
2014年 1-3-5人気 480円 1620円 4270円
2015年 2-3-1人気 1730円 2700円 11550円
2016年 1-7-6人気 1350円 6160円 16740円
2017年 1-5-2人気 1330円 1170円 6820円
2018年 3-5-7人気 4010円 15560円 71150円
2019年 1-2-7人気 260円 1820円 4850円

クイーンカップ データ [ステップ別の傾向]

昨年は上位独占だった阪神JF組と、3勝を挙げるフェアリーS組が不在。今年は特定のステップはないと見てよさそう。

ステップレース 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
阪神JF 4 4 2 10 20% 40% 50%
フェアリーS 3 2 3 19 11% 19% 30%
百日草特別 1 0 0 0 100% 100% 100%
菜の花賞 0 1 1 11 0% 8% 15%
新馬 0 1 2 12 0% 7% 20%
未勝利 0 1 1 22 0% 4% 8%

クイーンカップ データ [前走着順別の傾向]

前走1着、2着馬が4勝ずつも、出走頭数の関係から2着馬が非常に優秀。

前走着順 1着 2着 3着 4着以下
1着 4 2 4 49
2着 4 2 2 10
3着 1 2 2 12
4着 0 1 1 6
5着 0 1 0 7
6~9着 1 2 1 22
10着~ 0 0 1 14

クイーンカップ データ [キャリア別の傾向]

キャリアは5戦目までで、6戦目以降はガクッと落ちる。

キャリア 1着 2着 3着 4着以下
1戦 0 1 2 12
2戦 3 1 3 18
3戦 4 4 1 19
4戦 2 3 2 27
5戦 1 1 2 14
6戦 0 0 0 15
7戦 0 0 0 6
8戦 0 0 0 2
9戦 0 0 1 3
10戦~ 0 0 0 4

クイーンカップ データ [所属別の傾向]

すべての率で関西馬が上回り、複勝率は2倍以上。

所属 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
関東 7 7 7 91 6% 13% 19%
関西 3 3 4 21 10% 19% 32%
地方 0 0 0 8 0% 0% 0%

クイーンカップ データ [種牡馬別の傾向]

東京1600mと言えばクロフネですが、今年は不在。ハーツクライ産駒の出走もなく、頼みの綱はディープインパクトか。

種牡馬 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
ディープインパクト 1 2 2 14 5% 16% 26%
クロフネ 1 2 1 4 13% 38% 50%
ハーツクライ 1 1 0 6 13% 25% 25%
ブラックタイド 0 0 0 2 0% 0% 0%

クイーンカップ データ [血統別の傾向]

  着順 馬名 種牡馬 母父馬
2019年 1着 クロノジェネシス バゴ クロフネ
  2着 ビーチサンバ クロフネ サンデーサイレンス
  3着 ジョディー ダイワメジャー Monsun
2018年 1着 テトラドラクマ ルーラーシップ ファルブラヴ
  2着 フィニフティ ディープインパクト クロフネ
  3着 アルーシャ ディープインパクト Tapit
2017年 1着 アドマイヤミヤビ ハーツクライ クロフネ
  2着 アエロリット クロフネ ネオユニヴァース
  3着 フローレスマジック ディープインパクト StormCat
2016年 1着 メジャーエンブレム ダイワメジャー オペラハウス
  2着 フロンテアクイーン メイショウサムソン サンデーサイレンス
  3着 ロッテンマイヤー クロフネ アグネスタキオン
2015年 1着 キャットコイン ステイゴールド StormCat
  2着 ミッキークイーン ディープインパクト GoldAway
  3着 ロカ ハービンジャー ダンスインザダーク
2014年 1着 フォーエバーモア ネオユニヴァース Pentelicus
  2着 マジックタイム ハーツクライ ブライアンズタイム
  3着 ニシノアカツキ オペラハウス アグネスタキオン
2013年 1着 ウキヨノカゼ オンファイア フサイチコンコルド
  2着 スイートサルサ デュランダル GrandLodge
  3着 イリュミナンス マンハッタンカフェ トニービン
2012年 1着 ヴィルシーナ ディープインパクト Machiavellia
  2着 イチオクノホシ ゼンノロブロイ Kendor
  3着 エクセラントカーヴ ダイワメジャー APIndy
2011年 1着 ホエールキャプチャ クロフネ サンデーサイレンス
  2着 マイネイサベル テレグノシス サンデーサイレンス
  3着 デルマドゥルガー リンカーン ジェイドロバリー
2010年 1着 アプリコットフィズ ジャングルポケット サンデーサイレンス
  2着 プリンセスメモリー スウェプトオーヴァーボード バブルガムフェロー
  3着 テイラーバートン ジャングルポケット ノーザンテースト

クイーンカップ 2020 データ分析まとめ

データ分析した傾向をまとめてみます。

単勝人気別の傾向から
→1~3番人気の信頼度が高い。波乱は期待薄。

ステップ別の傾向から
→王道の阪神JF・フェアリーS組が不在なら、どこからでも。

所属別の傾向から
→関西馬上位で、複勝率は関東馬の2倍以上。

キャリア別の傾向から
→キャリアは5戦目まで。

この傾向から注目したい馬を3頭ピックアップ!

注目馬①/ミヤマザクラ/牝3

前走は強豪牡馬相手の重賞2着。関西馬の1番手。

注目馬②/ホウオウピースフル/牝3

2戦2勝馬。百日草特別組は、17年1着アドマイヤミヤビ。

注目穴馬/インザムービー/牝3

距離短縮で沈んだ前走。1600mあれば変わり身も。

-データ分析
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.