データ分析

【中山牝馬ステークス(G3)】2020 過去10年データ分析レース傾向 予想

第38回 中山牝馬ステークス(G3) 2020

2020/3/14(土)中山競馬場で行われるのは、中山牝馬ステークス(芝1800m)。牝馬限定のハンデ戦ということもあり、とにかく荒れまくる一戦。まずは過去10年を振り返ります。(東日本大震災の影響で阪神コースでの施行となった2011年を除く、2009~2019年の過去10年)

中山牝馬ステークス 2020 データ分析予想

中山牝馬ステークス データ [枠/馬番/脚質別の傾向]

枠の差はあまりありませんが、4枠から外が好成績。脚質別も展開次第ですが、安定感は差し馬。

枠番別の傾向

枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1枠 0 0 2 15 0% 0% 12%
2枠 3 0 1 14 17% 17% 22%
3枠 1 0 2 17 5% 5% 15%
4枠 1 4 0 15 5% 25% 25%
5枠 1 2 0 17 5% 15% 15%
6枠 2 1 2 15 10% 15% 25%
7枠 0 3 0 16 0% 16% 16%
8枠 2 1 2 15 10% 15% 25%

馬番別の傾向

馬番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1番 0 0 2 8 0% 0% 20%
2番 0 0 0 10 0% 0% 0%
3番 2 0 0 8 20% 20% 20%
4番 1 0 2 7 10% 10% 30%
5番 0 0 0 10 0% 0% 0%
6番 1 1 1 7 10% 20% 30%
7番 1 2 0 7 10% 30% 30%
8番 1 2 0 7 10% 30% 30%
9番 0 1 0 9 0% 10% 10%
10番 0 1 1 8 0% 10% 20%
11番 1 0 0 9 10% 10% 10%
12番 1 0 1 7 11% 11% 22%
13番 0 2 0 8 0% 20% 20%
14番 1 1 0 8 10% 20% 20%
15番 0 1 1 6 0% 13% 25%
16番 1 0 1 5 14% 14% 29%

脚質別の傾向

脚質 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
逃げ 2 1 0 7 20% 30% 30%
先行 2 3 1 28 6% 15% 18%
差し 6 6 4 45 10% 20% 26%
追込 0 1 4 44 0% 2% 10%

中山牝馬ステークス データ [単勝人気馬の傾向]

過去10年の中山牝馬ステークスにおける単勝人気別の成績を見てみると、1~3番人気は壊滅状態。4~6番人気を軸に薄めへ流す形が理想。

単勝人気 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1番人気 1 2 1 6 10% 30% 40%
2番人気 0 2 0 8 0% 20% 20%
3番人気 1 1 0 8 10% 20% 20%
4番人気 3 2 0 5 30% 50% 50%
5番人気 2 0 1 7 20% 20% 30%
6番人気 2 0 0 8 20% 20% 20%
7番人気 0 1 1 8 0% 10% 20%
8番人気 1 1 0 8 10% 20% 20%
9番人気 0 0 2 8 0% 0% 20%
10番人気 0 1 0 9 0% 10% 10%
11番人気 0 0 3 7 0% 0% 30%
12番人気 0 0 0 10 0% 0% 0%
13番人気 0 0 0 10 0% 0% 0%
14番人気 0 0 0 10 0% 0% 0%
15番人気 0 1 1 5 0% 14% 29%
16番人気 0 0 0 7 0% 0% 0%

中山牝馬ステークス データ [払戻金別の傾向]

とにかく波乱続きで、2桁人気馬が平気に突っ込んでくる傾向。(2014年は2着同着)

開催年 上位3頭の人気 馬連払戻金 3連複払戻金 3連単払戻金
2009年 4-15-11人気 21930円 230760円 1394370円
2010年 4-8-9人気 5390円 22320円 125120円
2012年 8-7-11人気 12780円 89530円 626350円
2013年 6-2-1人気 4030円 6500円 47930円
2014年 1-10・4人気 2970円・800円 12480円 33610円
2015年 3-4-5人気 1410円 4410円 20190円
2016年 4-1-15人気 920円 38270円 171860円
2017年 5-1-7人気 2240円 6300円 41260円
2018年 6-2-9人気 1940円 11120円 50360円
2019年 5-3-11人気 3920円 30730円 163380円

中山牝馬ステークス データ [ステップ別の傾向]

愛知杯が3勝5連対でトップですが、注目は連対率100%の東京新聞杯組と、複勝率100%の日経新春杯組。牡馬相手に戦ってきた点を評価。

ステップレース 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
愛知杯 3 2 3 25 9% 15% 24%
ターコイズS 1 2 0 7 10% 30% 30%
東京新聞杯 1 1 0 0 50% 100% 100%
京都牝馬S 1 0 2 19 5% 5% 14%
日経新春杯 1 0 1 0 50% 50% 100%
エリザベス女王杯 1 0 0 12 8% 8% 8%
OP特別 2 1 1 17 10% 14% 19%
3勝 0 2 2 13 0% 12% 24%
2勝 0 0 0 2 0% 0% 0%

中山牝馬ステークス データ [馬齢別の傾向]

5勝9連対の5歳馬が中心。

馬齢 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
4歳 2 3 0 40 4% 11% 11%
5歳 5 4 4 37 10% 18% 26%
6歳 3 4 3 35 7% 16% 22%
7歳~ 0 0 2 12 0% 0% 14%

中山牝馬ステークス データ [斤量別の傾向]

トップハンデ馬は、わずかに4連対のみ。53~54キロが狙い目に。

斤量 1着 2着 3着 4着
~49キロ 0 0 0 1
50キロ 0 0 0 5
51キロ 0 0 1 7
52キロ 0 1 2 13
53キロ 4 3 3 36
54キロ 4 5 1 25
55キロ 0 0 1 23
55.5キロ 0 0 0  
56キロ 1 2 1 9
56.5キロ 1 0 0  
57キロ~ 0 0 0 1

中山牝馬ステークス データ [前走着順別の傾向]

大半が着順外からの巻き返し。一変に要注意。

前走着順 1着 2着 3着 4着以下
1着 0 3 1 16
2着 0 2 2 6
3着 1 0 2 10
4着 1 1 0 4
5着 1 2 1 7
6~9着 5 1 1 28
10着~ 2 2 2 53

中山牝馬ステークス データ [所属別の傾向]

すべての率で関東馬がリード。

所属 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
関東 6 8 4 59 8% 18% 23%
関西 4 3 5 65 5% 9% 16%

中山牝馬ステークス データ [種牡馬別の傾向]

キングカメハメハが3勝4連対でトップですが、今年は不在。3連覇を狙うフロンテアクイーンを送るメイショウサムソンにも注目。

種牡馬 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
キングカメハメハ 3 1 1 7 25% 33% 42%
ディープインパクト 1 1 1 11 7% 14% 21%
タニノギムレット 1 1 1 2 20% 40% 60%
メイショウサムソン 1 1 0 5 14% 29% 29%
ハーツクライ 1 1 0 4 17% 33% 33%
マンハッタンカフェ 0 2 1 7 0% 20% 30%
ステイゴールド 0 1 0 9 0% 10% 10%
ルーラーシップ 0 1 0 0 0% 100% 100%
ハービンジャー 0 0 1 2 0% 0% 33%

中山牝馬ステークス データ [血統別の傾向]

  着順 馬名 種牡馬 母父馬
2019年 1着 フロンテアクイーン メイショウサムソン サンデーサイレンス
  2着 ウラヌスチャーム ルーラーシップ フジキセキ
  3着 アッフィラート ディープインパクト Loup Solitaire
2018年 1着 カワキタエンカ ディープインパクト クロフネ
  2着 フロンテアクイーン メイショウサムソン サンデーサイレンス
  3着 レイホーロマンス ハービンジャー サンデーサイレンス
2017年 1着 トーセンビクトリー キングカメハメハ サンデーサイレンス
  2着 マジックタイム ハーツクライ ブライアンズタイム
  3着 クインズミラーグロ マンハッタンカフェ InExcess
2016年 1着 シュンドルボン ハーツクライ エルコンドルパサー
  2着 ルージュバック マンハッタンカフェ AwesomeAgain
  3着 メイショウスザンナ アグネスデジタル サンデーサイレンス
2014年 1着 バウンスシャッセ ゼンノロブロイ Halling
  2着 アイスフォーリス ステイゴールド クロフネ
  3着 パワースポット スズカマンボ パラダイスクリーク
2013年 1着 フーラブライド ゴールドアリュール メジロマックイーン
  2着 ケイアイエレガント キングカメハメハ APIndy
  3着 キャトルフィーユ ディープインパクト TejanoRun
2012年 1着 マイネイサベル テレグノシス サンデーサイレンス
  2着 スマートシルエット ファルブラヴ DeputyMinister
  3着 オールザットジャズ タニノギムレット サンデーサイレンス
2011年 1着 レディアルバローザ キングカメハメハ TejanoRun
  2着 オールザットジャズ タニノギムレット サンデーサイレンス
  3着 エオリアンハープ キングカメハメハ サンデーサイレンス
2010年 1着 レディアルバローザ キングカメハメハ TejanoRun
  2着 フミノイマージン マンハッタンカフェ DixielandBand
  3着 コスモネモシン ゼンノロブロイ Singspiel
2009年 1着 ニシノブルームーン タニノギムレット Alzao
  2着 ウェディングフジコ フジキセキ トニービン
  3着 チェレブリタ ブラックホーク アンバーシャダイ

中山牝馬ステークス 2020 データ分析まとめ

データ分析した傾向をまとめてみます。

単勝人気別の傾向から
→上位勢の信頼度一息で、4~6番人気が軸。

ステップ別の傾向から
→東京新聞杯、日経新春杯組に注目。

年齢別の傾向から
→5歳が中心。

種牡馬別の傾向から
→メイショウサムソン産駒に注目。

この傾向から注目したい馬を3頭ピックアップ!

注目馬①/デンコウアンジュ/牝7

適性が問われる一戦だけに、やはり目が離せない。同一重賞3連覇へ。

注目馬②/メイショウグロッケ/牝6

こちらもメイショウサムソン産駒。ワンツー決着も視野に。

注目穴馬/モルフェオルフェ/牝5

東京新聞杯ステップの5歳馬。ガラリ一変の傾向とも合致。

-データ分析
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.