1週前出走馬

【ステイヤーズステークス出走予定馬】2019出走予定馬 1週前注目馬考察

2019/11/30開催「ステイヤーズステークス(G2)」に向けて、現時点での出走予定馬から注目度の高い有力馬達の動向と状況をチェックしていきます。

ステイヤーズステークス2019 [1週前出走予定馬]

馬名 性齢 想定騎手 調教師
アルバート 牡8 未定 橋口慎
ヴァントシルム 牡5 田辺 須貝
オジュウチョウサン 牡8 未定 和田郎
チェスナットコート 牡5 未定 矢作
ネイチャーレット 牡6 野中 根本
ベイビーステップ 牡5 未定 菊川
メイショウテンゲン 牡3 池添 池添兼
リッジマン 牡6 蛯名 庄野

■2019/11/15現在

 

ステイヤーズステークス2019 [注目馬考察]

ステイヤーズステークス2019出走予定馬/リッジマン

昨年の覇者で現役屈指のステイヤー。久々+高速決着に苦しんだ面もある前走の京都大賞典だが、それ以上に2400mでも距離が短かった印象。完全に叩き台と割り切れる一戦であり、13着惨敗は全く気にしなくてもいいだろう。相手も手薄で、リピーター率の高い傾向。今年も当然チャンスあり。

ステイヤーズステークス2019出走予定馬/アルバート

ステイヤーズS3連覇の偉業を成し遂げ、前人未到の4連覇に挑んだ昨年は直前に取消の憂き目に。そしてその後、堀→橋口慎厩舎へ転厩とリズムは良くないが、極端に能力減があるとも思えない。むしろここは走り慣れた一戦で、久々叩いてここは青写真通り。最多4勝の偉業達成に期待したい。

ステイヤーズステークス2019出走予定馬/メイショウテンゲン

ロングスパートで弥生賞制覇。クラシックは惨敗続きで力差を感じる内容続きだったが、母メイショウベルーガも古馬になってから本格化。こちらも弥生賞勝ちがあるとはいえ、おそらく能力全開は来年以降。どうしても後ろからの競馬になるだけに、距離は延びれば延びるほどよく、いつも頭数が揃わない一戦。ベスト舞台の可能性。

ステイヤーズステークス2019出走予定馬/ヴァントシルム

北海道シリーズ2戦は、ともに出遅れが堪えた形。元々スタートが悪い馬ではないだけに、精神面に厳しい面もあったか。その後はリフレッシュして立て直し。母メジロシャレードからも分かるように、母系はスタミナの代名詞とも言えるメジロ血統。この距離で真価発揮がある。

ステイヤーズステークス2019出走予定馬/オジュウチョウサン

六社S10着、アルゼンチン共和国杯12着。有馬記念に挑戦した昨年ほどの勢いと盛り上がりがないことは確かでも、やはり62キロを背負い3000m超のレースを走って上がり最速をマークするなど、そのスタミナは相当。この距離である程度の可能性を示したい。

ステイヤーズステークス2019[今後の動向]

G1云々ではなく、この舞台狙い、この舞台に適性がある馬を狙いたい一戦。

 

-1週前出走馬
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.