予想

【京成杯】2020予想レース展開/馬券考察。買い目も公表中

京成杯2020[レース予想]

逃げて勝ち上がった馬が多いが、何が何でも…はロールオブサンダーぐらい。各馬、先を見据えての折り合い重視なら、ペースが上がることはなさそう。注目スカイグルーヴは、前に馬を置いての競馬。初戦で差す脚を見せたヒュッゲも、同様の形だろう。最後猛追があるなら、前走上がり最速で勝ち上がったクリスタルブラック、ゼノヴァース。

京成杯2020 予想【本命◎ スカイグルーヴ】

前走はマイペースの逃げに持ち込めたとはいえ、ラスト2Fは11秒2→11秒1の加速ラップ。騎乗の計算とはいえ、同日の百日草特別の勝ち時計を0秒5も上回った点は評価しなくてはいけない。母系を遡れば、活躍馬多数のエアグルーヴ系。クラシック戦線へ。

京成杯2020 予想【対抗○ ロールオブサンダー】

デビューから一貫して2000mを使って【2-0-1-0】。前走はすんなりと自分の形に持ち込めたことが好走因だが、クラシック候補生に最後までしぶとく食らいついた。ここはキャリアが生かせる一戦に。

京成杯2020 予想【単穴▲ ヒュッゲ】

ハーツクライ産駒らしい叩き上げタイプで、未勝利→エリカ賞と連勝。展開面に恵まれた点は否めないが、やはりこの馬の能力もかなり。新馬戦では差す脚も見せていただけに、仮にハナを切れずとも極端に能力減となることもなさそう。

京成杯2020 予想【特注☆ キングオブドラゴン】

こちらもハーツクライ産駒。辛勝にも映る前走は、直線でヨレた分の差だけ。内容としては完勝と言ってよく、いかにも機動力が求められる中山芝2000m向き。上昇度で一気に突破があっても、驚けない。

京成杯2020 [馬券考察]

  • 本命◎:12スカイグルーヴ
  • 対抗○:4ロールオブサンダー
  • 単穴▲:8ヒュッゲ
  • 特注☆:5キングオブドラゴン

波乱指数【40】

過去10年で、1番人気が3勝5連対。2桁人気馬の好走はなく、比較的順当。

馬券考察

馬券は馬連で、馬番12から4.5.8へ計3点で勝負!

-予想
-, , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.