予想

【アルゼンチン共和国杯】2019予想 レース展開/馬券考察。買い目も公表中

アルゼンチン共和国杯2019[レース予想]

逃げ馬不在でスロー確定。押し出される形で、オジュウチョウサンのハナもありそうだ。好位にアフリカンゴールド、トラストケンシン、タイセイトレイル。アイスバブル、ノーブルマーズ、ルックトゥワイスが中団を進み、ハッピーグリン、パリンジェネシス、ムイトオブリガードはその後ろから。先行有利。

アルゼンチン共和国杯2019 予想【本命◎ アフリカンゴールド】

久々快勝と好発進。菊花賞12着、日経新春杯15着と重賞では結果が出ていないが、本格化なったと見れば軽くは扱えない。目下2年連続で連対馬を送る六社ステークス組。ハンデ55キロも妥当なところ、鞍上にルメール騎手を配して勝負態勢。

アルゼンチン共和国杯2019 予想【対抗○ ルックトゥワイス】

昨年のアルゼンチン共和国杯は8着だったが、その後日経新春杯2着を経て、目黒記念をレコード完勝。今回はその目黒記念から2キロ増の57キロ。牡馬にしては小柄なだけに意外と堪える可能性もあるが、大きく割り引く材料とまではならない。

アルゼンチン共和国杯2019 予想【単穴▲ トラストケンシン】

アフリカンゴールドと同じく、理想的なステップ(六社ステークス2着)に注目。東京芝2400mでは、1、5、1、3、2着とすべて掲示板で、唯一馬券内を外した5着は青葉賞。適性の高さは疑いようもなく、ハンデ53キロ。伏兵の資格は十分にある。

アルゼンチン共和国杯2019 予想【特注☆ パリンジェネシス】

スタミナの代名詞とも言えるメジロが母系。前走の京都大賞典は、久々+前残りの馬場とまったく競馬にならず。この舞台での勝ち星もあり、今回は叩き2戦目でハンデも前走比2キロ減。ガラッと変わっても驚けない。

アルゼンチン共和国杯2019 [馬券考察]

  • 本命◎:1アフリカンゴールド
  • 対抗○:5ルックトゥワイス
  • 単穴▲:10トラストケンシン
  • 特注☆:11パリンジェネシス

波乱指数【20】

ハンデ戦でも波乱は少なく、前5年の勝ち馬はすべて1~3番人気。

馬券考察

馬券は馬連で、馬番1から5.10.11へ計3点で勝負!

-予想
-, , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.