データ分析

【天皇賞・春(G1)】2019 過去10年データ分析レース傾向 予想】

第159回 天皇賞・春(G1) 2019

2019/4/28(日)京都競馬場で行われるのは、平成最後の大一番・第159回天皇賞・春(G1)(芝3200m)。昨年の1、2着馬は不在で、3着クリンチャーも海外遠征後は精彩を欠く走り。4歳馬が中心となりそうで、世代交代を予感させる一戦でもあります。ではまずは過去10年の傾向を振り返ります。

天皇賞・春 2019 データ分析予想

天皇賞・春 データ [単勝人気馬の傾向]

過去10年の天皇賞・春における単勝人気別の成績を見てみると、1番人気は1勝2連対と不振ですが、それを補うように2番人気が5勝と奮起。3番人気も勝ち星こそありませんが、2着4回の安定感。上位1~3番人気が揃って崩れたのは、2009年の一度だけ。

単勝人気 1着 2着 3着 4着以下
1番人気 1 1 0 8
2番人気 5 0 2 3
3番人気 0 4 1 5
4番人気 1 3 1 5
5番人気 0 0 2 8
6番人気 0 0 1 9
7番人気 1 1 0 8
8番人気 0 0 0 10
9番人気 0 0 0 10
10番人気 0 0 1 9
11番人気 0 0 0 10
12番人気 1 0 1 8
13番人気 0 1 0 9
14番人気 1 0 0 9
15番人気 0 0 0 10
16番人気 0 0 1 9
17番人気 0 0 0 10
18番人気 0 0 0 7

天皇賞・春 データ [払戻金別の傾向]

前2年は堅め決着ですが、2016年までは2桁人気馬の好走も目立ちます。穴目もOK。

開催年 上位3頭の人気 馬連払戻金 3連複払戻金 3連単払戻金
2009年 12-4-5人気 10200円 32390円 221080円
2010年 2-4-16人気 2320円 208890円 911660円
2011年 7-3-5人気 6810円 25530円 189840円
2012年 14-3-2人気 61570円 97140円 1452520円
2013年 2-3-6人気 3190円 21880円 111830円
2014年 4-3-12人気 2080円 38790円 211180円
2015年 2-7-10人気 6060円 57160円 236300円
2016年 2-13-3人気 20160円 32350円 242730円
2017年 1-4-2人気 1040円 610円 3780円
2018年 2-1-4人気 030円 2060円 11650円

天皇賞・春 データ [ステップ別の傾向]

ステップ別では、日経賞と阪神大賞典組が中心に。ダイヤモンドS組は、15年2着のフェイムゲームが唯一の好走例。

ステップレース 1着 2着 3着 4着以下
日経賞 3 3 2 47
阪神大賞典 3 2 5 48
京都記念 1 1 0 4
ダイヤモンドS 0 1 0 13
1600万下 0 0 0 3

天皇賞・春 データ [種牡馬別の傾向]

種牡馬別では、何と言ってもステイゴールド産駒。過去10年で計4勝を挙げ、異なる馬で3勝。今年はエタリオウ、パフォーマプロミスが出走予定。勝ち馬はいなくても、2着5回なら軸としての期待が持てるハーツクライ産駒。こちらはカフジプリンス、チェスナットコート、プリンスオブペスカが出走予定。菊花賞馬フィエールマン、日経新春杯の勝ち馬グローリーヴェイズを送るディープインパクトは、2013年2着のトーセンラーが最高着順。人気なら嫌う手もありそう。

種牡馬 1着 2着 3着 4着以下
ステイゴールド 4 0 1 12
ハーツクライ 0 5 3 13
ディープインパクト 0 1 1 13
チーフベアハート 1 1 0 2

天皇賞・春 データ [馬齢別の傾向]

4~6歳まではほぼ互角ですが、7歳以上の勝ち馬は出ていません。こちらは連下評価まで。

馬齢 1着 2着 3着 4着以下
4歳 3 1 5 36
5歳 4 4 1 39
6歳 3 3 2 27
7歳~ 0 2 2 45

天皇賞・春 データ [所属別の傾向]

出走頭数の違いもありますが、勝率・連対率は関東馬が優勢。

所属 1着 2着 3着 4着以下
関東 4 2 1 38
関西 6 8 8 106

天皇賞・春 データ [前走着順別の傾向]

前走1着馬が5勝10連対と好成績。2着馬も3勝4連対なので、勢いを重要視。

前走着順 1着 2着 3着 4着以下
1着 5 5 4 27
2着 3 1 3 23
3着 0 2 1 17
4着 0 0 1 13
5着 1 0 0 14
6~9着 0 1 0 36
10着~ 1 1 1 17

天皇賞・春 データ [枠/馬番/脚質別の傾向]

1~4枠【8.4.6.60】に対して、5~8枠は【2.6.3.85】。内枠優勢は一目瞭然で、距離ロスなく運べる内枠勢が圧倒的に有利。それと比例するように、脚質別では絶好馬場を生かせる逃げ~先行馬が活躍。差し馬も瞬発力があれば問題なく、追い込み一辺倒は苦しい傾向に。

枠番別の傾向

枠番 1着 2着 3着 4着以下
1枠 5 1 1 13
2枠 1 2 2 15
3枠 1 1 1 17
4枠 1 0 2 17
5枠 0 0 0 20
6枠 2 2 2 14
7枠 0 2 1 24
8枠 0 2 1 27

馬番別の傾向

馬番 1着 2着 3着 4着以下
1番 3 1 0 6
2番 2 0 1 7
3番 1 1 1 7
4番 0 1 1 8
5番 0 0 0 10
6番 1 1 1 7
7番 1 0 0 9
8番 0 0 2 8
9番 0 0 0 10
10番 0 0 0 10
11番 0 1 1 8
12番 2 1 1 6
13番 0 0 1 9
14番 0 1 0 9
15番 0 1 1 8
16番 0 2 0 8
17番 0 0 0 10
18番 0 0 0 7

脚質別の傾向

脚質 1着 2着 3着 4着以下
逃げ 2 0 0 10
先行 3 6 5 21
差し 4 4 5 70
追込 0 0 0 44

天皇賞・春 2019 データ分析まとめ

データ分析した傾向をまとめてみます。

単勝人気別の傾向から
→1番人気は不振でも、2~3番人気がカバー。総崩れはない。

ステップ別の傾向から
→日経賞・阪神大賞典の2ステップが主力。

種牡馬別の傾向から
→ステイゴールド、ハーツクライ産駒に注目。

枠番別の傾向から
→1枠から5勝と、圧倒的に内枠有利。

この傾向から注目したい馬を3頭ピックアップ!

注目馬①/エタリオウ/牡4

年齢、ステップとも減点がなく、父ステイゴールド。

注目馬②/カフジプリンス/牡6

阪神大賞典2着の好ステップ。ハーツクライ産駒も好相性。

注目穴馬/プリンスオブペスカ/牡5

-データ分析
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.